スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
人は自分の為になんか頑張れないって話
人は、夢をもったり、志を立てたりするときに

その多くが「自分のための夢」

「自分が幸せになる志」

をたてたりします。


でも、そういう夢や志というものは

その多くが途中で挫折することになっています。


なぜか?

それは、夢や志には

厳しい壁や逆風がつきものだからです。

そういうものがつきものだから

誰しもカンタンに夢や志が

成し遂げられないでいるのです。



では、自分の夢や志を遂げるためには

どうしたらいいのか?

それは、

「自分以外の誰かの幸せのための夢」

であったり、

「自分以外の誰かが喜ぶ志」

である必要があるのです。



ですから、夢や志の根底には

「他人の喜びが我が喜び」

という哲学がなくては

到底叶えられる者ではないのです。


そんなのないよ~

と嘆きたくなるのですが事実です。



自分以外の誰かを幸せにするために

人は産まれてきました。


自分以外の人が心底喜んでいる

その姿をみて、

「あー、嬉しいなー」

と思える人間にだけ

夢や志は成し遂げられるものなのです。


そのことを日本一のコメディアン

萩本欽一さんが話しています。⇓

---------------------------

ぼくなんか、まさにそうだった。

コメディアンの才能がないってわかってたけど、

ぼくが子どもの頃、借金取りに土下座して、

泣いていた母親のことを思うと、

途中でやめるわけにはいかなかった。



お金持ちになって、

家を建ててやりたいと思ったからね。

自分のためだけじゃなくて、

誰かのためにやっていると、

途中で投げ出さないよね。



自分のためだけだと、

つらくなると、

やめてしまうでしょ。

ー 萩本欽一 ー

-------------------------

「自分の為には、

いつでも夢や志は

カンタンに捨てられる」

そういうもののようです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/22 17:36 ]

| 成功 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<失敗や挫折は後戻りじゃないって考え方出来るかがカギ! | ホーム | カンタンに運を良くする方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yumeouentai.blog.fc2.com/tb.php/1607-05e670d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。