スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
安岡正篤(やすおか まさひろ)さんと共感したこと
皆さん、

「安岡正篤(やすおか まさひろ)」さんってご存じですか?

ご存じない方は、こちらクリックでWikipedia参照して下さい⇓

安岡正篤Wikipedia参照

たいそう凄い方です。

「平成」の名付け親とも言われたりしています。

歴代の総理大臣の施政方針演説の

推敲(すいこう=原稿の手直し)を

しているような人です。


その一方で、五・一五事件や

二・二六事件の影の首謀者と疑われたり

戦中、戦後を通じて

多くの政治家の思想的な影響を与えたとして

戦犯に疑われたこともありました。

そんな正岡正篤さんの言葉を

今日はご紹介いたします。

これは、私が読んでいる

Facebookページ「安岡正篤一日一言」

からの抜粋です。
---------------------

『いくら本を読んで、知識を豊富に持っておっても

一つも実際の役に立たんという学者がある。

こういうのを迂儒という。

いろいろ知つてはいるが、意外に役に立たん、

生きた解決にピタリとしないというのを迂と言う。


だから儒者でも、

物知りではあるけれども活きた学問にならんというのを迂儒という。


学説の「迂説」という言葉はこれからくるわけです。

しからば、見識をどう養うか。

それは、やはり人生の体験を積んで、

人生の中にある深い理法、道というものがわからないと見識になってこない。』


------------------------------

ここまで安岡正篤氏の言葉を読んで

「おっ!」

と思った方、

私のブログをよく読んで頂いていますね。

ありがとうございます。


実は、私以前にこのブログで

こんなことを書いていました。

「勉強が出来ること」と「人間力があること」は全くの別物

同じようなことを書いていました。

これ、今年の3月24日に記事にしています。

だから、ものすごい共感できるんです。


本を読んで知識を得ることは素晴らしい。

でも、大事なのはその知識を

人のために活かすこと。



本を沢山読む人は沢山います。

しかし、人のために活かそうとする人は

ほとんどいない。


例え、一冊でもいい。


その本で学んだことを

人のために活かすこと。


一冊読んでは、活かし

また、一冊読む。


そっちの方が、よっぽど素晴らしい。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2016/06/27 08:00 ]

| 私の主観 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「知識」と「お金」。貯めるだけでは意味が無い | ホーム | 「水のように生きる」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yumeouentai.blog.fc2.com/tb.php/1571-85dbfd2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。