スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
スポーツの監督さん、親御さん必見です。「試合を楽しむ!」の極意について。
今日も引き続いて、

桜井章一さん✕鍵山秀三郎さんとの

対談動画から学んで参りたいと思います。

桜井章一さんの元には

各界の有名選手がやってきます。


今回は、卓球の平野早矢香さんでした。


桜井会長がアドバイスした「楽しめよ。」

という言葉の意味がわかったというくだり。



使い古された言葉ですが、

本当の意味で「試合を楽しむ」は

「無の境地」であることでした。


平野早矢香さんが、

『試合中に、「おいでおいでいらっしゃい」

という心境に初めてなれた。』

これなんですね。


世の監督諸氏の皆様にも

心に響く言葉じゃないですか?

心の余裕を作るのは練習においてです。

試合中に選手に厳しくすることで

無理矢理、持たせようというのは

違うんですよ。



「縦」の評価しか出来ない指導者の問題点、

これからは「横」に広がることの評価できる社会

が求められる姿であると話しています。



また、有望な人間だけを求める経営者、

チームの指導者に

弱くても、いい人間関係づくりが

あってもいいじゃないか?

という一言に、私の胸にもグサリと

突き刺さりました。


スポーツにおいても、経営においても

成績ばかりが重要視されて

「選手、社員を集めに行く」

という思想に満ちていますが、

「心温かきは万能なり」

の言葉に従えば、

自然と人の集まる空間になっていくのかな?

そう感じました。


大変勉強になりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

[ 2016/03/31 08:00 ]

| プロフェッショナル | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「必要なもの」の答え | ホーム | 桜井章一さんと鍵山秀三郎さんとの対談動画見つけました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yumeouentai.blog.fc2.com/tb.php/1544-de9d6843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。