スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「自分らしさ」って何?
「自分らしさ」って何ですか?

皆さんは、自分が自分たるゆえん。


つまり、「自分らしさ」ってなんだと思いますか?


ここで、私の大好きな綾瀬はるかさんの話をします。


綾瀬はるかさんは美人です。

自分の彼女や奥さんが

綾瀬はるかさんならどれほど嬉しいでしょう。


ここまではただの妄想に過ぎません。


しかし、良く考えてみてください。

いくら綾瀬はるかさんが綺麗でも、

可愛くても、

世の中の全ての女性が

綾瀬はるかさんのようなスタイルで

綾瀬はるかさんのような顔をしていたら、

それでもあなたは綾瀬はるかさんのような

女性を好きになるでしょうか?



話を変えます。

木村拓哉さんがいます。

木村拓哉さんは格好いいです。

ナイスガイです。


自分が木村拓哉さんのような

顔をしていたら、

どれほど女性からもてるだろうかと思います。



またまた、ココまでは妄想に過ぎません。

しかし、まわりの人間がみな木村拓哉さんの顔をしていたら

私は木村拓哉さんのような顔になりたくありません。



まぁ、なれませんけどね。

つまり、私が言いたいのは、

「自分らしさ」

というのは、

「人と違う」

ということです。



自分らしさの表現として、

ファッションを上げる人がいます。

そういう人は、

みんなと同じファッションをしないはずです。



自分にしか出来ないファッションを目指すはずです。

それが、

「自分らしさ」

だからです。



しかし、テレビでは、

「今年の春のトレンドは・・・・」

なんてやっている。



そうやって、私たちはいつの間にか

「みんなと同じ」

をすり込まれています。



中学に入って、2年生にもなると、

「今から進路希望調査をするぞー」

と進学するのが当たり前のようにして

先生が子供達に話し始めます。



子供達も知らず知らず、

「皆が行くから高校に行く」

ようになります。



大事なのは、

「何の為に高校に行くのか?」

です。



自分がなりたい職業が

高卒でなければ、または

大卒でなければなれないから

だから高校に行く。

というのならわかります。



しかし、悲しいことに今の学校は

そうではありません。


中学の先生は、「何の為に」とか

難しいことは言わずに

「高校に行かないと仕事につけないぞ」

ぐらいの感じで

子供達を高校に行かせているように

私は感じます。(もちろん、全員がそうではありませんが)


なぜなら、

「どこの高校に行くか?」

の前に

「何の仕事をしたいのか?」

がないからです。


もっと言えば、

「仕事は何の為にするのか?」

がないからです。



そういう関わりが出来ない先生に

「子供の将来のために」

とか言って欲しくない。



「だったら、先生。ウチの子が高校卒業しても

大学卒業してもウチの子と関わる覚悟があるんかい?」

と。



みんな黙りますよ。実際。

学校の先生も。

当然、塾の先生も。


それでいて、「お父さんは厳しすぎる」って。

「子供のことを考えてない。」

って、よく言えるね?


多くの高校生が、

行く当てを無くして、

無気力になってしまっていますよ。

私の所にも沢山来ます。



子供達は気づいていますよ。

「なんかおかしい。」

って。



「仕事は何のためにするのか?」

「何の仕事をするのか?」

「そのためには何が必要か?」

その順番で考えていかないと、

子供達、おかしくなりますよ。


おかしくなった高校生、山ほどいますよ。

勉強が出来ればそれでいいと

学校の先生が思っていますから。



子供達だっておかしくなっていきますよ。

大人をなめたり、

社会に出たことすらないのに

社会で頑張って働く、両親を馬鹿にしてみたり。


国立大学であれば、

お前らのいく大学は

北海道だろうが沖縄だろうが

関係ねえって顔してますよ。

お前らの将来なんて関係ねぇって

顔に書いてますよ。



先生、知ってますか?

あなたが育てた生徒があなたのことを

「使えねーナ!」

って言ってますよ。


そのためには、まずは親御さんが

「子供の何の為に」

を考えてやってくれませんか?



こんな先生達に(あくまでも大多数であって全てではない)

あなたの大事な子供達の未来を託せますか?


そのためにはまず、親御さんが

「良い大学に入れる」

から、

「子供が何の為に働き、

そのためにどんな仕事につくか」

に心を向けて欲しいと思います。



久しぶりに書いたから、長文でした。

失礼しました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2016/02/21 08:00 ]

| スピリチュアル3 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<「娘が私に大きな夢をくれました」って話 | ホーム | 経営者としては三流でも、人間としては超一流のこの人>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yumeouentai.blog.fc2.com/tb.php/1529-aee514ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。