FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
壁にぶつかることはいいこと。
世界的なジャズピアニストの『上原ひろみさん』は

あるNHKの番組の取材に答えてこう言いました。

私の人生にも何度か壁にぶつかるときがありました。

ただ、私は壁にぶつかると「壁来た!」と喜ぶのだそうです。


『壁は現状に満足出来なくなった自分との出会い。

自分をレベルアップさせてくれるもの。』

とそう考えているのだそうです。


やはり、世界で成功する人は違いますね。

壁が来たことを喜ぶんですから。


勇者は言う。

「我に七難八苦を与えたまえ。」


苦難が人を育てることを知れっているからこそなんでしょうね?
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2014/05/29 08:00 ]

| スピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(0) |
私の左膝の痛みからわかったこと
今回は、以前非常に視聴率の高かった

「私が自分を治療した話」のパート2です。


つまり、私も普通の人間です。

どこかが痛くなったりもしますし、病気にもなります。

普通とちょっと違うとすれば、

そこからの対応が違います。

確かに自分で自分を治療できますから

そこは皆さんと違いますが、

ここで言いたいのは、

「どうです?私ってすごいでしょ?」

ってことじゃなくて、

「皆さんにもこんなことはできますよ。

すると、病気になったり症状が出たりすると

結構楽しいですよ。」


そんなことをお伝えしたいのです。


では、行きます。

実は、私は5月の中頃、左膝が痛み出しました。

すぐに、「ん?」

と思って、自分で治療しようとしました。

しかし、しかしです。

筋肉に異常はないんです。何度も調べましたが筋肉に

異常は見つかりませんでした。


もちろん、転んだりひねったり、打ち付けた記憶も

ありません。


「???」

となりますが、ここからです。大事なのは?


左膝が痛くて、左の足に筋肉の機能低下がない場合、

考えられるのは右足の筋肉の機能低下です。

右足の筋肉の機能低下を左足が支えるが為に

左足に過剰な仕事量が求められて左足に痛みを

訴える場合があります。



そこで、右足の筋肉を検査です。

ところが、右足にも筋肉の機能低下は認められませんでした。


「???????????」

となりましたが、ここからが本領発揮です。


筋肉でも、靱帯でも、軟骨でも、神経でもない。

組織に異常はないんです。どこにも。


どこも悪くないんです。

それでも間違いなく痛いんです。


それで、私は考えました。

私の体に何が起きているのか?

その時の私の置かれた状況はこうでした。

4才の息子が風邪をひいて保育園を休んでいました。

日曜日の夜に発熱し、月曜日~金曜日まで保育園を休んでいました。

それに伴い、かみさんが仕事を休んで家で

息子の面倒を見てくれていました。

その分、かみさんがするはずの仕事は

私に回ってきます。

「普段の仕事だけでも忙しいのに・・・」

そう心のどこかで思っていました。

一人一人がやる仕事量が必然的に増えて

仕事が間に合っていないように思えました。

父親も母親も一緒に仕事をしてくれているのですが

『こういう時は、いつも通りに仕事をしていては

間に合わないでしょ?もっと準備を早くしてよ!』

そんな責め心がありました。

それと同時に、一人スタッフがいなくても

いつもと同じように仕事をこなさなければいけない

という思いが強すぎて

「俺一人がいつも以上に頑張っている。」

そんな思い上がりもありました。



なんで、こんなに私の置かれた状況のことを

長々と書いてきたかといいますと、

この状況が私の症状と関係があるからなんです。


私はこう考えました。

「病気や症状が本人に対するサインならば

このサインは私に何を伝えようとしているのか?

この症状は、おそらく私の今の状況をそのまま表しているはず・・・・」

もう一度、私の症状を考えてみましょう。

左右共に足の筋肉は正常に働いていました。

正常に働いていたのです。

でも、左足だけが過負荷が掛かっていたようでした。


「私は左足」です。

「私以外の両親とかみさんが左足」です。


そのように、置き換えてみるとよくわかります。

両方共に、筋肉の機能低下はなかったんです。

つまり、「私」も「両親とかみさん」もどちらもきちんと

働いていたのです。

しかし、私の中では、「もっと仕事をしないと・・・・」

「父母どちらももっと働いてくれよ・・・」

そんな気持ちで一杯になっていたのです。

そして、ひとつの考えに行きつきました。

『私が勝手に一杯になっていたんじゃないか?』


そう思った瞬間に症状は一瞬にして消えました。

一瞬でです。


正確に言うと、その後も一度症状がでましたが、

「また俺だけ一人で頑張っていると思ってるんじゃないか?」

そう自分に問いかけてみるのです。

すると、またも瞬間的に症状は消えるのでした。



自分が心の底から自分のことを理解するのに2回掛かりましたが

その後は症状がでることはありませんでした。


また、私に同じ症状が出たときは

「俺一人が頑張っている。」

と自分が勝手に思い込んでいるときなんだな。

とわかりました。



ここまで読んで頂いた皆様。

どうですか?

どう思いますか?

これは本当の話です。


これを読んで

「不思議だな。」

と思う方もいるかもしれませんし、


初めて私のブログを読んだ人がこの記事を

読むと、

「嘘くさい」

ということにもなるかもしれませんが、

これまでに何度も私のブログを読んで下さった皆様には

多少なりともご理解頂けるのではと思います。


これを理解された方は、ちょっとした治療家さんよりも

『自分お体をよく知っている』

と言えると思いますよ。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2014/05/27 08:00 ]

| 私が自分を治療した話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
夢を叶える像ガネーシャをご存じでしょうか?
今日は、インドに伝わる「夢を叶えるゾウ」をご紹介いたします。

その名を「ガネーシャ」といいます。

知ってる方いますか?

私は携帯のストラップにガネーシャ様がついています。

これがガネーシャです⇓
ガネーシャ

実は、これ数年前に「夢を叶えるゾウ」というタイトルで

ドラマ化されています。

主人公は「小栗旬さん」です。






「夢を叶えるゾウ」についてWikipedia参照

概要

ごく平凡なサラリーマンが「神様」を名乗る謎の生物・ガネーシャの

指南によって自らの人生を変えていく物語。


2008年上半期の一般書籍(総合部門)で82万部を売り上げ、

同期で最も売れた作品となっている。

日経MJが2008年上半期に発表したヒット商品番付にもランクインしている

(書籍でランクインしているのは他には『蟹工船』のみ)。


「夢を叶えるゾウ」書籍もある。こちらが本家本元。



「夢を叶えるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」




なお、後述するガネーシャの教えに基づき、

著者印税の一部が慈善団体に寄付されている。

この辺がさすがというところ。

独り占めは良くないらしい・・・・



2012年には第2弾が発売。

ドラマ「夢を叶えるゾウ」あらすじ

小栗旬さん演じる主人公はどこにでもいる普通のサラリーマン。

彼はこれまでにも自己啓発の本を読んだり、

自らを変えようとしていたが、

三日坊主の性格が災いして失敗し続けてきた。

そして、会社の先輩の友人・カワシマ(実際には名刺交換しただけ)が

開いたパーティーに出席した彼は、

そこで有名人やアイドルの友達が談笑しているのを目の当たりにし、

自分の住んでいる世界との差を痛感する。

その夜、彼は泥酔したままインド旅行で買った置き物に「人生を変えたい」

と泣き叫ぶと、次の朝、枕元に関西弁を話す謎の生物が。

それは置き物から化けて出てきた神様・ガネーシャであった。

主人公はガネーシャに振り回されながらも、

夢を成すためにガネーシャの課題を行うことになる。


本書では「ガネーシャが与えた課題を実践し、

身につくまで継続することが大切である。」

と謳っている。自分が変わることに期待しているうちはいいが、

時間がたつと「自分は変われない」という考えになり、

それがいつまでも続いていくのが変われない理由だとし、

継続した実践の大切さを強調している。


ガネーシャ

ガネーシャ (gaNeza) は人間の体にゾウの鼻、

4本の腕を持ったインドの神様で、財産や学問の神として大衆に信仰されている。

ガネーシャは世界中に知られているんですが

皆さんも知っていました?


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2014/05/16 08:00 ]

| 幸せ | コメント(0) | トラックバック(0) |
SEKAINO NO OWARIのボーカルFUKASEさんのひとことにえらく感動した話
今日、今年の始め、確か1月頃だったと思うんだけど

TBSの「情熱大陸」を録画していたのを3カ月遅れて

見ました!

SEKAI NO OWARIの特集でした。

中2の娘が好きだと聞いていたので

「どれどれナンボノモンジャイ。」

と強気に見ていたのですが

感動してしまいました。


ボーカルのFUKASEさんが、中学の頃

いじめにあっていて不登校になったり、

それを助けようとバンド仲間のNAKAJIさんが

毎日家まで迎えに来てくれたり、

同じくバンド仲間のSAORIさんが

「私の夢は、FUKASEの夢を叶えること。」

と当たり前のように言えたりする姿が

とても格好良く見えました。


聞けば、彼らもまたそれぞれに心に闇を抱えて

生きているのでした。


そんな問題を抱えた彼らが、そんな過去を隠さずに

堂々とテレビの前で話すことで、

どれだけ多くの人が救われたことでしょう!

どれだけ多くの人が勇気を与えられたでしょう!


私は、このブログのなかで何度も

挫折した経験が必ず活きると

書いてきましたが、今日確信に変わりました。


「挫折は、間違いなく財産です!」

いくらお金を払っても、挫折した経験は

買えません。そして、挫折した人の言葉は

多くの人の心に響きます。

今日は、番組の最後でFUKASEさんが

言ったひとことをシェアして終わりにしたいと思います。

「必要とされるプレッシャー潰されてしまうんじゃないかって

思うときもあるけど、必要とされていない寂しさに

比べたら屁でもない!」

これ、最高の名言です!

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

[ 2014/05/15 08:00 ]

| 感動した話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
毎日の生活のなかに隠れている小さな幸せシェアー
『星形のピノ』を見つけた人は

小さな幸せが訪れるという・・・・

星形のピノ

家族で一つのピノを食べていて

この

『星形のピノ』

を見つけた場合、

誰がこの『星形のピノ』を食べるかで

一悶着起こっているようでは決して幸せな家族とは言えない。


何があっても『試され中』ですから


「パパ食べていよ。」

「ママが食べなよ。」

「お姉ちゃん普段、勉強も部活も頑張ってるんだから

お姉ちゃんが食べなよ。」


こんな感じが理想的。



『分け与えてこそ価値がある。』


All that isnot given is lost.

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

[ 2014/05/12 08:00 ]

| 幸せ | コメント(0) | トラックバック(0) |
腹部膨満感から助けてくれたのはこの『赤ワイン』でした・・・
以前、このブログのなかで「赤ワイン」を飲んで

黒いウンチがでて、病院に行ったら

「命の危険があります!」

と脅かされた話を書きました。


それまでは、毎日ビール(本当は発泡酒)を

飲んでいた私が「焼酎の方がお腹が張らない」

という理由で芋焼酎にしたのですが、

今年の1月中旬頃から、なぜかお腹が張るように

なりました。

「おっ?これが世に言う『腹部膨満感』ってやつか?」

と思い一人で「む・む・む」と唸っていたのですが

この腹部膨満感って奴が意外に強敵です。

腹部膨満感ですから、ご飯はほんの少ししか食べなくても

普通の茶碗に7部程度の盛りでも

食後にものすごいお腹が張ってくるのです。


例えるなら、すき家の大盛り牛丼をセットで食べた後で

生ビール大ジョッキで2杯飲むぐらいの膨満感です。


「このぐらいしか食べていないのに、

大盛りつゆだくセット+生大二杯か?」

と思うのです。


さすがの私も少し焦り出すのです。

「ヤバイ、これは肝臓か?いよいよおれもキタカ?」

そこで私は私に問いかけるのです。

「お酒をやめた方がいいんですか?」

「・・・・・・・・」

無反応です。

「お酒をやめなくてもいいんですか?」

「YES」

反応がありました。

「お酒を飲む量が多すぎるのですか?」

「・・・・・・・」

反応はありません。

「お酒の種類が悪いのですか?」(この質問は思いつかないでしょうね?普通は)

「YES」

「何がいいんですか?ビールですか?」

「・・・・・・」

「ウイスキーですか?」

「・・・・・・」

「焼酎ですか?」

「・・・・・・」

「ワインですか?」

「YES」

「おっ?白ですか?」

「・・・・・・・」

「赤ですか?」

「YES」

「赤ワインですか?」

「Yes」

「赤ワインなら飲んでも良いですか?」

(しつこいですね?よっぽどお酒やめるのいやだったんでしょうね?)

「YES」


そんな経緯がありまして私は赤ワインを飲んでいます。

ちなみに私が飲んでいる赤ワインがこれです。


なんでこれにしたのか?

当然安いからです。
しかし、安いんですけど非常に飲みやすいです。

赤ワイン特有の渋みが少なく、味もマイルドです。

においもキツくないので、初めてワインを飲む人には

お薦めできるワインです。


私は、このワインを冷蔵庫でがっちり冷やして

さらにグラスに氷を入れて飲むという超邪道の飲み方をしています。

ガンガンに冷やすとさらに飲みやすくなります。

ほぼ水と同じ感覚になります。


ワイングラスでしっとりと・・・・

まずは目で楽しんで、次に香りを、その次に

舌の上で転がすように・・・・

なんて上品でなく、麦茶をコップに入れて飲む感じです。


結果どうなったか?

私の腹部膨満感は今はなくなりました。

以前、このブログでお話した「真っ黒ウンチ事件」のくだりは

そちらで読んで下さい。


病院で見てもらってもどこも悪くありませんでした。

「腹部膨満感は、早食いのせいでしょう。」

ですって。

確かに、仕事の合間に5分ぐらいで朝も昼も

駆け込み乗車はおやめ下さーい!

って言われてるのに駆け込む私でしたから。



ただし、この記事はおわかりのこととは思いますが

「腹部膨満感が赤ワインで治る」

という医学的根拠を示したものではありません。


たまたま、私はそうでした。と言う話と、

私が今ハマっている赤ワインの話をしたかっただけです。

あしからず。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2014/05/03 18:35 ]

| 健康 | コメント(0) | トラックバック(0) |
『アインシュタインも間違える?』
先日、ネット上でこんな記事をみつけました。

以下は私の文章ではありませんのでご注意を!(ーーーーーー部分です)

その下は、再び私の文章です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歴史って色々なことを教えてくれる。

ここで「ありえない!」と「ありえた話」をご紹介。



1.「原子力エネルギーを人類が扱える可能性などありえない。
それは、原子を自由自在に操り、崩壊させる事に変わりないからである」

by アインシュタイン



今の時代ではありえていますね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この記事のなかで、

「これまでの歴史上多くの方が

将来を見通せずに過ちを犯した」的なことが書かれていました。

他にも、アメリカの元大統領ロナルド・レーガンが

まだ売れない俳優時代に大統領役のオーディションを受けて

落とされて、その理由が「レーガンは大統領っぽくない」と

言われたり、

車や電話、テレビまで将来はきっと普及しないだろうと

判断した当時の知識者達(学者や映画会社の社長達)が

いたことなども紹介されていました。


それから、イギリスが生んだ稀代のバンド「ビートルズ」でさえ、

オーディションで落とされていた。その理由が

「ギターバンドは時代遅れだ」

というレコード会社の判断。


ただ、私の考えとしては、その人達の判断が『間違っていた』かどうかよりも

その人達の存在が、後に時代を動かす者達の心に

「今に見てろよ!」

という火をつけたのは間違いないと思う。


「あなたを批判してくれる者達を愛せよ。」

という言葉もある。



時代の先駆者達は、いつの時代も時代の先頭を走りすぎるがあまり

世の中の人に受け入れられないことがある。

だって、その時はまだ最先端の考え方が『時代の常識』ではないから。


「世の中からわかってもらえない時に

わかってもらえるまで努力する人達だけが

新しい時代をリードする」のだと私は思う。



人から「絶対無理!」

と言われた時に

「おもしれー。やってやろうじゃねーか!」

と燃えてくる。

これこそが逆境を乗り越える力になり、

今を生きる活力になる。




私も自分の夢を否定されることがあります。

「あんたにそりゃー無理だよ!」(まーバッサリと)

でも、私の場合、そんな人に出会うと燃えてくるんですよ。

「よーし、言ったなー。今に見てろよ。」


人に夢を笑われて落ち込んで生きるよりも

それを活力にして燃える人生の方が

楽しく生きられるのではないでしょうか?


でも、一番良いのは他人の夢を笑わないことだと思います。

北川景子さんがドラマ「悪魔ちゃん(悪夢ちゃん?どっちだっけ?)」

のなかで、「他人の夢を笑うな!」という台詞を熱っぽく

言っていました。それが一番いい世の中なんですけど。


そんな世の中になるまでには、あと50年ぐらい掛かるみたいです。

あと、50年かー、その時私は90歳。




追伸:

最後にアインシュタインの名誉のために冒頭の言葉は


「原子力エネルギーを人類が扱える可能性などありえない。

それは、原子を自由自在に操り、崩壊させる事に変わりないからである」


これって間違ってない。

なぜなら、「原子力エネルギーを人類が扱う=原子力を自由自在に操る」

でいいはず。それが「崩壊させる」って続けてますから

「崩壊させることに変わりない」って何を?


そして、原子力エネルギーを生み出した時の

残り物を処理する方法は今もって見つかっていない。

残り物を無害で地球に返すことが出来た時初めて

「原子を自由自在に操った」

そう言えるのではないでしょうか?


まだ、人類は原子を自由自在に操っちゃーいない。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

[ 2014/05/03 07:10 ]

| 偉人達からの伝言 | コメント(0) | トラックバック(0) |
マイケル・ジョーダンと失敗





誰もが認める世界のスーパースター。

マイケル・ジョーダン。

彼は常にバスケットボール界の中心にいた。

いつも日の当たる場所を歩いていた。

誰からも注目されていた。

しかし、彼が残した言葉の中で、

私の中に響いた言葉はこれでした。

『失敗することを恐れたことはない』 

byマイケル・ジョーダン


彼ほど成功が似合い、彼ほど失敗とはほど遠い

存在はいないと思えるほどの人物が残した言葉です。


彼はNBAでの輝かしい栄光の後、

人知れず野球のメジャーリーグにも挑戦しています。

「あれほどバスケットボールで成功して、

なぜわざわざそんな恥をかくような真似を?」

そんな評価が彼の周りを飛び交いました。


しかし、本人はそんな評価は意にも介せず

淡々とチャレンジを続けました。


彼は周りからどう思われるかは

考えていないんです。

自分がどうしたいかだけに見事に忠実なんです。

だから、最後まで自分を信じて

夢に挑戦できるんだと思います。





  

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

[ 2014/05/01 08:00 ]

| 偉人達からの伝言 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。