FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「私の仕事は雑用ばっかり」という人へ

「この世に雑用という用はない」

ノートルダム清心学園の渡辺和子さんの言葉です。

「私達が心豊かに生きるか、

心貧しく生きるかということは

どういう仕事をするかにかかっていない。

どういう気持ちでその仕事をするか

ということにかかっている。



この世の中には雑用という用はない。」


私達が「用」を「雑用」にしている。

たとえば、「お皿を並べるだけの仕事はつまらない。」

と思った時に、その仕事は雑用になる。


愛を込めてここにお座りになる1人1人に、

「どうぞお幸せに」と祈りを込めて行えば、

そのお皿を並べるだけの仕事は、

「尊い仕事」になる。

尊い仕事をさせて頂いたことになる。


今やっている仕事に

『どんな意味づけをできるか?』

が大切になってきます。


皆さんが自分の仕事を大切に思えたなら

もう幸せの入り口に立っているのかもしれません。



スポンサーサイト

テーマ:人生を変えたい! - ジャンル:ビジネス

[ 2014/03/30 08:00 ]

| 偉人が残した名言集 | コメント(0) | トラックバック(0) |
私に『情報の置き換えが起きてるよ』と言われた人は読んで下さい。
私が関わらせて頂いた方々のなかで

私から「情報の置き換えが起きてるよ」

といわれた人達がいます。


今日は、その

『情報の置き換え』

についてお話ししていきます。

私から言われた人はある程度知っているかと思いますが、

私から言われてはいないのだけど

興味があって読んでいる方もいるでしょうし、

また、今は情報の置き換えが起きていなくても

今後怒る可能性があるので知っておきたい。

という人もいるでしょうから、

そういった方々のためにも


「情報の置き換え」について説明からしていきます。



『情報の置き換え』とは

そもそも、「その人がその人らしく生きる」

ことを意味しています。

人間は地球上に産まれ、地球上で生きています。

皆さんには体重がありますが、

体重とは「重力」のことです。

「地球の引力」とも言えるでしょう。

その重力によって人は地球に引き寄せられ

ある意味で「地球を押しているのです。」

「地球を押す」ということは、「作用・反作用の法則」から

当然「地球からも押されている」わけで

私達の体には「地球から押されている力」が働いているのです。


その地球から押された力が、きちんと私達の体に伝わり

情報となるわけです。


ここで、体の骨盤部分にトラブルがあると

この情報がきちんと伝わらないのです。


情報がきちんと伝わらないとどうなるか?

他人とのコミュニケーションがうまくとれません。

相手にこちらの意図がきちんと伝わりません。

会話をしていると相手を不快にさせてしまったり

思わず「そんなつもりで言ったんじゃないのに・・・・」

と言いたくなることが多いのです。


そして、相手に真意が伝わらないのなら

「まぁ、いいか。」

となってしまうのです。


何人かには説明しましたが、こんな人がいました。

「私、右腕が上がらないんです。」

「そうですか?左腕は?」

「左は上がります。」

「そうですか?じゃあ、両腕を上げてみて下さい。」

上げてもらうと、誰が見ても右腕はあがっているのです。

逆に、明らかに左腕が上がっていません。

「あっ、上がらないのは左腕ね?」

と確認すると、

「いいえ、左腕です!」

「え????それじゃあ、自分で

じぶんの右腕見てみてもらって良いですか?」


まじまじと自分の上がっている右腕を見てもらってから

こうひと言言うのです。

「・・・ですよね?右腕は上がって見えますよね?

でも、右腕が上がっていないように感じるんですよ。」



たぶん、皆さんも「????」となることでしょう。

私は『情報の置き換え』の存在を知っていたので、

「あー、情報の置き換えが起こってますね?」

と言ってそれを解除しました。


すると、その後は、両腕を上げてもらうと

きちんと両方の腕が上がって

「あー良かった。このことは誰にも言えませんでした。

どこに行ってもおかしい人と思われるので・・・」

そうだと思います。

これが「情報の置き換え』です。


これをきちんと直してもらうと、体がスッとしますし、

人と話をしていても話がかみ合います。



世の中には、そんなこともあるのです。


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2014/03/27 12:10 ]

| 健康2 | コメント(0) | トラックバック(0) |
スティーブジョブズが残したもの

アップルの創業者スティーブジョブズ。

スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行った

スピーチはあまりにも有名です。

とことろで、皆さんはあのスピーチを全編聞いたことがありますか?

2年ほど前、NHKの特番で一部を流していましたが、

私も全部を聞いたことはありませんでした。


もし良かったら聞いてみてください。

スティーブ・ジョブズほどの人間が、スタンフォード大学の

学生の前で自分の決して恵まれているといえない生い立ちを

堂々と話してくれています。



立ち向かった逆境の数々を胸を張って話してくれています。

その失敗、その逆境から何を学んだのかまで

教えてくれています。

10万円ぐらいの価値はあると思います。


やる気が出ないとき、心が折れそうなとき

是非、心の支えにしてください。

スティーブ・ジョブスのスピーチ
前編
http://www.youtube.com/watch?v=FNFX2RwOn54&feature=player_embedded

後編
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=jQkJsyDUFhU

『Stay hungry、Stay poor』

スティーブ・ジョブズ I

新品価格
¥1,995から
(2013/5/3 00:46時点)



スティーブジョブズ1をAmazonで買うにはこちらをクリック

スティーブ・ジョブズ II

新品価格
¥1,995から
(2013/5/3 00:47時点)



スティーブジョブズ2をAmazonで買うにはこちらをクリック

スティーブ・ジョブズの真実[DVD]

新品価格
¥2,200から
(2013/5/3 00:47時点)





テーマ:夢を叶える - ジャンル:ビジネス

[ 2014/03/27 08:00 ]

| 偉人が残した名言集 | コメント(0) | トラックバック(0) |
誕生日について考える
いつの頃からか、自分の誕生日に興味があまり

なくなってきました。


それは、

『もうこれ以上歳を重ねたくない。』

という否定的なものではなく

『何かをするのに年齢は関係ない。』

という思いになってきたからなのです。



「もう歳だから・・・」

とか、

「もう、3年、いや5年前に気づいていたらな~」

とか、そういうの辞めにしたんです。



気づいたらすぐやる。

成功するまで絶対に辞めない。やってやってやり抜く。


これしかないなと。



それから、自分の誕生日ってまだ、誰かに

祝ってもらってますか?


家族からケーキをもらったり、

子供達から、

「パパ、お誕生日おめでとう!」

と祝ってもらうのは確かに嬉しいですね。



でも、私、ある人に言われたんです。


『佐藤さん。誕生日はね、「おめでとう」って

祝ってもらう日じゃないんだよ。

あなたの誕生日は、お母さんがあなたのために

世界中で一番頑張った日。

だから、「おかあさん、ありがとう!」

ってお母さんに感謝する日なんだよ。』

って教えられたときに、

「あっ、そんなこと考えたこともなかった。」

と思いました。



子供の頃は、お父さんやお母さんに

「誕生日おめでとう!」

と祝ってもらっても良いと思うんです。

ただ、ある程度歳を重ねたら、

今度は産んでくれたお母さんや

命の元であるお父さんに感謝しても良いのではないでしょうか?


このブログを読んで頂いている方々の中に

どれだけの方が

「お父さん、お母さん、産んでくれてありがとう!」

と伝えられたことがあるでしょうか?



はっきり言って恥ずかしいです。

私も、以前お酒の力を借りて両親に伝えました。

お酒の力を借りずにはとてもじゃないが言えませんでした。


ある会社では、入社試験が「親への感謝」で

『お母さんの足を洗う実践』があるというのを

聞いたことがあります。



『一番身近で一番迷惑をかけた両親に感謝できずに、

どれだけお客様に感謝が出来るでしょう?』

そう私は教えられました。


皆さんも誕生日にやってみて下さい。

実際、人生が変わります。

「そーなんだ?」

と思っただけでは人生は変わりません。


「これまでとは違った人生を生きたい!」

という方は是非やってみて下さい。

これまで通り、今の人生に満足している方には

まだ必要ないかもしれませんが、

『縦に繋がる』ことが

人生のあらゆる不安を解消してくれることは

実践してみないとわからないことなんです。



『縦に繋がる』はまたいつかご紹介したいと思います。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2014/03/24 08:00 ]

| 幸せ | コメント(0) | トラックバック(0) |
膝を痛める理由が靴の入り口の狭さ

膝が痛い人って結構多いですね。

でも、なんで膝が痛くなるのか?

体重のせいもあるでしょう。

体のゆがみのせいもあるでしょう。

でもね、靴の入り口が狭いとかかとに指を入れて

「ぐっ」と踏み込むでしょう?

実はあのときに膝を痛める危険性があるんです。

知ってました?

「なんでお前にそんなことが言えるんだ?」って?


それは、私が実際にその行為で膝を痛くしてしまったからですよ!

意外とそんな小さなところで痛みに悩む人達多いんです。

ちなみに私はもう治りましたが・・・・ラッキー


治ってラッキー?いいえ、人の痛みがわかるようになってラッキー!


スムーズに行動したい方に グルコサミン コンドロイチン硫酸 ヒアルロン酸 240粒

新品価格
¥1,800から
(2013/5/3 00:25時点)


テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

[ 2014/03/22 08:00 ]

| 健康 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「低体温の人」について
低体温の人っていませんか?

かくいう私も、実は中学生時代は『平熱35度』

という立派な低体温でした。


当時は体の仕組みもサッパリわかっておらず

そのまま放置していたのですが、いつの間にやら

低体温は改善されていました。


それで、『どうやら、そうらしいぞ!』

という低体温解消方法が見つかったのでシェアいたします。



最近では、仕事や学校の部活動が忙しいためか

朝ご飯を抜く人達が増えているようです。


そして、どうやら『朝食抜きが低体温の原因』

であるらしいのです。


では、なぜ朝食を抜くと低体温になるのか?

についてですが、

人は寝ている間に体温が低下します。低下した体温を、

朝ご飯を食べることで上昇させ、ブドウ糖を摂取することで、

脳の働きは活性化されるのです。


皆さんだけでなく、身の回りに低体温の人がいたら

教えてあげて下さい!

テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体

[ 2014/03/18 08:00 ]

| 健康 | コメント(0) | トラックバック(0) |
『泣きながら生きる人生』と『笑いながら生きる人生』
人生を楽しく生きるには

いくつかの乗り越えなければいけない壁がある。


それは、

「Aさんには壁が無いけど、私にだけ壁がある。」


これはありえませんから、隣の芝が青く見えるだけで

必ず超えなければいけない壁というものは誰にでも

存在するのです。


では、その壁にぶつかったとき、どうするか?

『私には一つの流儀がある。』

ポーン(NHK「プロフェッショナル」風のピアノの音で・・・)


『他人から、「お前には、それ絶対無理!」って

言われれば言われるほどやり遂げたくなる。


そして、私には絶対出来ないっていってくれた人に

「あなたのおかげで高い壁を乗り越えることが出来ました!」

そうお礼を言いたい。』


「人生を豊かに生きる」とは、『困難をも喜ぶたくましさ』なのかもしれない。





■私に4日間くれたら、あなたを行動力のみなぎる人間にかえてみせます。それをノーリスクで証明させてください。

クリス岡崎MOVEコーチング認定講座

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

[ 2014/03/16 08:00 ]

| 心のスイッチを入れてくれる言葉 | コメント(0) | トラックバック(0) |
言霊の威力。普段何気なく使う「疲れた」には恐ろしい力がある。

「疲れた」という言葉には恐るべき力があります。


何気なく毎日言っていませんか?


私はサラリーマン時代、毎日言っていました。

「あ~、今日も疲れたな~」

「疲れがなかなか抜けないな」

「俺は仕事で疲れてるんだから、家でぐらいゆっくりさせてくれよ!」

なんて感じでほぼ毎日!


「疲れた」という言葉の恐ろしさは、

何となく素直な感情の表現のようでいて、

実はマイナスを自分に引き寄せる力があるらしい!


よ~く、自分の「疲れた」という気持ちと向き合ってみると

自分の中に「やらされた」「被害にあった」感が潜んでいるのです。


つまり、「疲れた」「疲れた」と言えば言うほど

知らず知らずのうちに

マイナスを引き寄せているんだそうです。


私は、このことを知って以来「疲れた」を封印しました。

お風呂に入って「フッー」と息を吐きながら

「今日も一日、つか・・・、つか・・・、塚地の裸の大将もいいな~」


「おいおい、『疲れた』と言わずに、今日一日の自分の頑張りをどうやって

褒めてあげんだよ!」

「逆にストレスたまりまくりで、胃潰瘍になったらど~すんだよ?」

とキツーいお叱りを頂きそうですが、

どうかご安心下さい。


「疲れた」と言わずに、マイナスを引き寄せることなく

ストレスも発散させてくれるような素晴らしい言葉があるんです。

どうぞ皆さんも今日からこの言葉を使って下さい。


「疲れた」の代わりに使う言葉、それは、

『充実した』

です。

『充実した』には不思議な力があります。

「疲れた」がもつマイナス要素がなく、「やらされた」「被害にあった」感が

ものの見事に排除されているんです。

『充実した』には「今日も一日やりきった」「好きなことを好きなだけやった」

「俺は幕末の志士だ。今日も一人で平成維新をやりとげるぞ」感が

あります。


仕事でも勉強でも、「やらされた」「被害にあった」感でなく

「やりたいことをやりたいだけやった」感で取り組んでもらった方が幸せです。


何事も幸せを感じながら取り組んでもらった方が幸せになれると思うんです。


なお、「疲れた」のお友達に「キツイ」君、「ツライ」君も

おりますので併せてお気をつけ下さい。



■ココロとカラダのストレス対策!
【ヌースサプリメントシリーズ】

最大4,889円分もお得な増量キャンペーン実施中!

3/1~4/15までの期間限定!!




人気ブログランキングへ


痛みに悩む人達の伴走者になる接骨院




テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

[ 2014/03/14 08:00 ]

| 言霊 | コメント(0) | トラックバック(0) |
実録!言霊の力

言葉には不思議な力があるといいます。

きれいな言葉を使うときれいな人生を送り、

汚い言葉を使うと悲しい人生を送るというのです。


私も以前はそうでした。

「ついてないな~」

「なんで俺だけ・・・」

「頭にくる」「むかつく」

不平不満のオンパレードでした。


今から8年ほど前、ある一人の成功者にお目にかかりました。

その人の名前は五日市剛さん。

その人から「きれいな言葉が幸せな人生をつくる」と

教えて頂きました。

その人の人生を通じての言葉の使い方、失敗談を聞いて

「俺も確かにそうだった。」と反省しました。

と同時に、

「俺も、言葉を直せば人生をやり直せるかもしれない。」

と思いました。


それからの私は、自分が使う言葉を大切にするようになりました。

極力不平不満を言わないように気をつけました。

人の悪口を言わないように気をつけました。


自分に嫌なことがあっても「ありがとう」と言うようにしました。



五日市剛さん曰く、

「ありがとう」と言っていると、どうしてももう一度「ありがとう」と

言わなければいけない環境になってくるんだそうです。

『「ありがとう」が「ありがとう」を引き寄せる』

いわゆる『引き寄せの法則』ですね。

それとは逆に、「キツイ」「辛い」「苦しい」「悲しい」と

言っているともう一度その言葉を言わなければいけなくなる

そんな出来事を引き寄せてしまうのだそうです。


そんな「負の連鎖」を断ち切る言葉が「ありがとう」なんだそうです。


だから、いいことがあっても、嫌なことがあっても「ありがとう」なんです。

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」―幸せになる!お金が舞い込む!病気も治ると大評判 (マキノ出版ムック)

新品価格
¥680から
(2013/5/15 06:10時点)




ツキを呼ぶ「魔法の言葉」 2 (2) (マキノ出版ムック)

新品価格
¥1,000から
(2013/5/15 06:11時点)




(文庫)運命が変わる 未来を変える (サンマーク文庫)

新品価格
¥588から
(2013/5/15 06:12時点)




ツキを呼ぶ魔法の言葉―魔法使いのプレゼント

新品価格
¥1,000から
(2013/5/15 06:13時点)




ツキを呼ぶ魔法の言葉

新品価格
¥3,800から
(2013/5/15 06:14時点)




ツキを呼ぶ魔法の言葉―不良少女の家庭教師

新品価格
¥1,260から
(2013/5/15 06:15時点)








人気ブログランキングへ


痛みに悩む人達の伴走者になる接骨院

価格1000円で30日間の全額返金保証付き!新陳代謝ダイエット





テーマ:スピリチュアルライフ - ジャンル:心と身体

[ 2014/03/13 08:00 ]

| 言霊 | コメント(0) | トラックバック(0) |
本当の「絆」を感じて生きる

最近の家族構成はどんどん核家族化が進んでいます。



子供達は、社会人になり、結婚すると皆当たり前のように

親元を離れ核家族となっていきます。


「人生最大のお買い物」としてマイホームをもつことが

家族の夢であるようにマスメディアでは語られ、

「○○さんのお宅で新しくお家を建てたんですって・・・」

などと自分と周囲を比較して自分の環境を呪ってみたりもします。



また、一方では小学生や中学生が当たり前のように

携帯電話を持ち、少しでも時間があれば携帯を触っています。



親たちも、「皆がもっている」という子供達の常套句、

伝家の宝刀によって反論も出来ず、ばっさりと見事に成敗され子供達のいうがままです。


挙げ句の果てには、

「携帯を持っていないといじめられる」

などと脅迫めいたことを言う子供さえいます。



そして、親たちは子供達の携帯電話の使用料に

追い詰められていることにも気づかず、両親ともに共働きをして

「お金がない」

「生活が苦しい」

「給料が安い」など

不平不満をため込みながら、子供達と接する時間を

削って働いているのです。


何かおかしくありませんか?


本当に皆さんにお金はないんですか?


実家で両親と暮らしたらどうですか?


子供に携帯を持たせるのを止めたらどうですか?




何代も続くような歴史や伝統のある家柄の人ほど

ご先祖様を大切にしています。

親、祖先から脈々と繋がる縦の系譜を大切にしているのです。

具体的には、お墓参りや家族の行事を大切にしている

のです。


子宝に恵まれない方々は、

もう一度自分達の祖父、祖母、親や祖先を大切にしているか

見直してみて下さい。

生きていれば、曾祖父や曾祖母も同じ事です。




祖先から脈々と繋がる縦の系譜を考えず

「自分達だけで生きている」という誤解をしたまま、

「祖先の事はどうでもいいが、私たちから下(子孫)

だけは上手くいって欲しい」というのでは

あまりにも虫のいい話なのではないでしょうか?




核家族になって手に入れたのは「自由」ではなく

「ワガママ」です。そして、それと引き替えに

「忍耐」は手放します。



誰かに合わせて生きるのは、大変ですが有り難いことなのです。

ワガママにならずに済みますから。


一人暮らしのお年寄りは、

決して「自由で嬉しい!」などとは言いません。

「寂しい」と言うんです。



携帯電話で繋がった友達は、

「いつでも干渉されずに連絡が取れる」だけの存在です。

その友達の中に、何人があなたのために泣いてくれますか?

その友達の中に、何人があなたのために汗を流してくれますか?

そして、あなたのために泣いてくれて、

「あなたのためなら」とどんな努力も惜しまない友達がもしあなたにいたとしたら、


その友達はあなたが携帯電話を持っていないことを理由に

あなたの友達をやめるでしょうか?



テレビやマスコミで軽々しく飛び交う

「絆」という言葉を本当の意味で考え、

本当の「絆」を感じて生きていって欲しいと思います。



人気ブログランキングへ

痛みに悩む人達の伴走者になる接骨院

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

[ 2014/03/10 08:00 ]

| スピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(0) |
私が自分を治療した話
これからご紹介するのは実際にあった

ウソのような本当のお話です。


普段私がお話ししていることが本当だということを

身をもって体験いたしましたので、その報告を

させて頂きます。




今年に入り、だいぶ寒い日が続きました。

関東地方では50cmをこえる積雪があり、

それに対して、こちら岩手県では例年よりも積雪が

少なくて、

まるで東北と関東を交換したかのような状態でした。



しかし、寒さのせいで積雪こそないものの

道路は毎日のように凍結し、鏡のように黒光りして

雪道の運転には慣れているはずのこの地域でも

交差点などで止まりきれずに交通事故が続発していました。



そんななか、私は毎日21時か22時頃まで仕事場で

仕事をして、その後こうしてブログの更新などを

しています。毎朝8時にブログは更新されるようになっていますが

実際は仕事終わりの夜にブログを書いているのです。






父親から、

「そんなに遅くまで仕事をすることないだろう?

早く終わったときは早く家にかえりな。」

と言われましたが、

「もう少しで終わるから・・・」

といって仕事を続けていました。



つい先週も、そんな調子でブログを書き終えたのが

仕事終わりの後の23時頃でした。

「さーて、帰るか。」

と一人家路についたのですが、家までの道はなだらかに

くだりの道が続いていました。


それまでも道路の凍結状況には気づいていたので

滑らないように静かに歩いていたのですが、

凍結した道の上にうっすらと雪が降っていて気づかずに

「ズッデーン!」と体が宙に舞い、自分の足が浮いているのが見えました。

「いかん!やっちまった!」そう思ったときはもう遅く、

凍り付いて鉄板のようになった道路の上に腰から落ちました。


腰はもちろん痛かったのですが、その時、首もものすごい

衝撃を受けました。

「ズッキーン!」


「しまった!これじゃあ、俺がムチウチになっちまう!」


慌てて私は、自分の体の筋肉を全てチェックしました。


首、肩、背中、腰、お尻、

全てチェックしましたが、どこにも筋肉の異常はありませんでした。


「フッー、これでムチウチは回避できたな。」



そう思って安心してその日は眠りにつきました。



ところが、次の日目を覚まし、起きようと体を

起こそうとしました。


「ズッキーン!」と首に激痛が走りました。

さらに仰向けで寝ている状態から起き上がろうとすると

首がガクガクと小刻みに震えるのです。

これは首の筋肉の一部が機能低下している

証拠です。バランスを失って、首をうまく

支えられなくなっているのです。

そんなムチウチの症状が私を襲いました。


「何?そんなバカな?」


慌てて私はもう一度自分の体の筋肉を

全てチェックしました。


それでも筋肉に異常はなかったのです。

しかし、首を動かすと「ズキズキ」と

痛みが走ります。

とくに、両肩をすくめるようにする動きで

痛みが何度でもやる度に出ていました。


「?????」

「おかしい。」

そう思った私は、検査をし直しました。


筋肉ではなく、それ以外の問題を全てチェックしました。


滑って打ったのだから、筋肉や靱帯の問題のはず。


ところがどこにも問題はなかったのです。

「何が問題か?」



もう一度、私は自分自身を検査し直しました。

しかし、今度は自分に話しかけるようにしました。

「筋肉の問題?」

「靱帯の問題?」

「神経の問題?」


どこにも反応がありません。

「家族の問題?」

その時、わずかに反応がありました。

と同時に父親に言われたひとことが頭をよぎりました。


「そんなに遅くまで仕事をすることないだろう?

早く終わったときは早く家にかえりな。」


「コレか?」

見事にHitしました。



思えば最近、毎晩家に帰るのが遅くなっていて

かみさんや子供達とのふれ合う時間が少なくなっていたのです。


「そうか。そうだったのか。『家に早く帰れ。』

ということだったのか?」


そう思った瞬間でした。

首の痛みが一気になくなりました。

試しに、何度やっても痛かった首をすくめる動きを

もう一度やってみました。

「ウソだろ?」

自分でも信じられないくらい首の痛みはなくなっていました。


仰向けの姿勢からの起き上がりも、首が

ガクガクと小刻みに震えることはなくなっていました。





症状は自分が自分に伝えたいことがあって

それに気づいてもらいたくて症状として

出ているのだそうです。



つまり、

「あーそうなんだ。自分は今そういう状態なんだ。

こういうことに困っているんだ。」

と気づいた瞬間に全ての症状は一斉に消えるのです。


皆さんにはコレまで何度もその説明をしてきましたが

今回ものの見事に自分で体験することになりました。




症状はサインです。

症状を消すことに夢中になるのではなく、

その症状が何を言いたいのか?

自分が自分に何を気づいて欲しいのか?

『内なる自分の声に耳を傾ける姿勢』が

何よりも大事なことであることを今回は

教えて頂きました。




自分で自分の脳を読む。

なかなか楽しいものですよ。


以上、自分で自分を治療した話でした。



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

[ 2014/03/04 08:00 ]

| 私が自分を治療した話 | コメント(0) | トラックバック(0) |
私に本当の男らしさを教えてくれた師匠
昨日の中村文昭さんに続き、

今日皆さんにご紹介したいのは

中村文昭さんの師匠にあたるかたです。


中村文昭さんに「何のために」を教えてくれた方です。


私もこの方の講演を聞き、

自分が住む日本が大好きになりました。

男らしく生きることが大切だと知りました。

お金に踊らされていきないことが大切だと知りました。

その方の名前は「田端俊久さん」といいます。


「今の日本には、お金がなくても堂々と生きていける

人間がほとんどいない。」と嘆いておられます。



そして自身は、熊本の阿蘇で自然に囲まれながら

書生の方々と「賢人塾」という私塾を作ろうとされています。

魂に響く講話をされます。


機会があればこの田端さんの講演も聞いてみてください。



私のこの方の印象は、ものすごく大きな方だな~という感じです。


身長も180cmぐらいあるのですが、そういう意味でなく

名刺も交換させていただきましたが、

話す言葉に大きな人間性を感じました。


是非中村文昭さんとともに聞いてみてください。


オススメです!↓↓↓

■田端俊久さんの講演CDはこちらから

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

[ 2014/03/03 08:00 ]

| 幸せ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。