スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
「男らしさ」と「女らしさ」の話
今日は、「自分を知り、相手を知る研究」の

ひとつとして、「男らしさ」と「女らしさ」について

考えてみたいと思います。

昨今、テレビで「女子力高い男子」という

言葉が出回っている。


そして、世の女性たちがその「女子力高い男子」を

高く評価していることにかなり不安を覚えています。


それは、
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:自己分析と探究 - ジャンル:心と身体

[ 2015/09/13 08:00 ]

| 自分を知り、相手を知る研究 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「スイッチング」で驚いた人達へ
これまでに私に、

「あっ、スイッチングがありますね。」

と言われたことのある人だけ読んでください。


「スイッチング」

と言う言葉を聞いたことの無い人は

頭が混乱するだけですから
続きを読む

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2015/04/27 08:00 ]

| 自分を知り、相手を知る研究 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「県会議員」と「市議会議員」と「治療家」の話
先日、とある会合に出席しました。

その席には、色々な方がいらして、

「県会議員」さんと、「市会議員」さんも

いらっしゃいました。

他には、会社の経営者の皆さんでした。
続きを読む

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

[ 2015/04/26 08:00 ]

| 自分を知り、相手を知る研究 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ついに現れた「脳を読む人達」
驚きのニュースであり、嬉しいニュースがありました。


このブログを読んでいただいている方々の中から

ついに、「脳を読む人達」が現れました。


私と会って、施術を受けた方々の中から

私と同じように「脳を読む人達」が現れたのです。



個人情報なので名前は出せませんが、

一人目は子供に「足が痛い」と言われた時に、

「かまってほしい。」という情報をキャッチして

ただ子供を抱きしめた。

すると、子どもは「痛い。」と言わなくなった。



もう一人は、ご主人が口を開けば「疲れた」と言う。

自分が話すことよりも、ご主人の話に耳を傾けた。

その後、自分の症状が出た時に

「主人の話を聴いていないのではないか?

そのサインではないか?」

という情報をキャッチしたかたでした。


このお二人は、見事に脳の情報をキャッチしております。

今後の精度はまだわかりませんが、

この一歩は大きいです。


私と同業者のなかでも、多くの方がこの「脳を読む」に

チャレンジしましたが、ほとんどの方が

できませんでした。



そんな中でこのお二人は素晴らしい体験をされました。


それとともに、今回のお二人のように

「自分で情報を知りたい。」

「自分でできるようになりたい。」

という方が増えてきました。



今後は、そんな方たちと共に勉強会も

開催していきたいと考えております。



このお二人に共通していたのは、

「相手をもっと知りたい。

相手のことを理解したい。」

という想いがあったからです。



そんな想いをもてるのは、

家族や夫婦だけだと思います。


相手のことを自分のことのように考えられる

そんな相手でなければ脳を読むことはできません。


「人の身になる」です。


自分が原因不明の症状に悩んでいれば

これ以上ない本気です。

他人事ではなく、どこまでも自分事だからです。



目の前にいる救わなければいけない人が

「他人事」のように見えているうちは

決して相手の脳は開いてくれないのです。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2015/02/23 08:00 ]

| 自分を知り、相手を知る研究 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。