FC2ブログ
事業をやっている人に私がする質問
私が事業の経営者の人たちと出会ったときに

する質問があります。

それは、

「その事業、一体何のためにやってるんですか?」

その質問に、

「いいジャン別に、そんなこと。」

といった人がいました。

その人をAさんとします。

結局、Aさんは、私の質問には答えてくれませんでした。

その時、ふとAさんのことが心配になりました。

「人に言えないようなことのために、その事業やってるのかな?」

Aさんの周りには多くの事業経営者がいました。

Aさんは、その経営者さんたちに仕事を作ってあげるパートナーでした。

だから、そのAさんと関わりのある経営者さんたちは、

「Aさん、気にしなくていいんだよ。そんなどうしようもない

質問する奴いるんだよねー。」と、Aさんをかばいました。

私もAさんをいじめようと思って質問したのではありません。

Aさんが、自分の利益にならないようなことを

なぜ一生懸命にやろうとしているのかが不思議だったからです。

私も、利益にならない活動をしています。

それは、アスリートたちにスポーツを通じて成功するための

哲学や習慣を身に着けてもらい、

スポーツを通じて社会に通じる人間力の形成を

サポートしたいという想いがあるからです。

それを利益を求めようとしてやると

選手たちに伝わります。

結局、あんたは自分の利益のためにやっているんでしょ?

私たちの為ではなく、利益のためでしょ?

だから、私は利益が出なくてもやるのです。

そんな想いがAさんにもあるのならお聞きしたいと

思っただけなんです。純粋に。

なぜ、その「何のために」が必要かといいますと

それがないと、Aさんが行き詰ったとき、

その志があれば乗り切れるんです。情熱にも似た志があれば。

しかし、本音の奥底には「このビジネスで儲けたろう」という想いが根っこにあって、

それをひた隠しにしてボランティア風にやっていると

Aさんが困ったとき、逆境に立たされた時、

あの「気にしなくていいんだ。」と言っていた経営者仲間が

サッーといなくなるような気がして・・・・。

Aさんが経営者仲間を利用しようとしていたのならば、

人っていうのは同じように働くもので、

経営者仲間もいいときは「同士だ」「運命共同体だ」なんて

声高に叫んじゃいるが、

いざ苦しくなったら一目散に居なくなるんじゃないの?

そんなつながりを目の当たりにした時、

Aさんはきっと耐えられなくなるだろうと思いまして、

差し出がましいとは思いながらも、

Aさんの考えをどうしても確かめておきたいと思ったんです。

事業をやるときに一番大切なのは

「何のためにその事業をやるのか?」

「その問題を解決しなければ困る人たちが

世の中にごまんといるのかどうなのか?」

仕事や事業は、自分以外の誰かを幸せにするためにあるもの。

それが私の考え方です。

スポンサーサイト



テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

[ 2021/01/02 12:36 ]

| 一番大事なのは何のためにやるのか? | コメント(0) | トラックバック(0) |
このブログは『何のために』やるのか?
このブログを何のために書いているのか?

今更ながらそのことに触れておこうと思います。

そもそも私は、今自分が書いているようなブログを

探していた側の人間です。

物事に対してネガティブで、

何をやってもうまくいかず、

常に他人を羨んで、ねたんで、ひがんで

自分がうまくいかないのはいつも他人のせいだと

考えているような人間でした。

それが、成功している経営者さんやリーダーの

方々と出会い、その考え方に触れるうちに

なるほど、自分は成功している人たちの

全く反対側を歩いてきたんだなと知りました。

成功者たちがやらないことを選択し、

成功者達がやることを捨ててきたんだ。

だから、失敗して当たり前だったんだと気づかされました。

そのことに気づいてから、私は成功者の方々の講演会や

書籍を意識的に選び、それらに数多く触れるように

心がけてきました。

そんなことを繰り返すうちに、自分の中の思考法が

少しづつ変わっていくことに気づきました。

そして、自分の思考法が変わり、習慣が変わり、

行動が、言葉が変わっていきました。

思考が変わり、習慣が変わり、行動が変わり、

言葉が変わると、当然結果も変わっていきました。

自分が実践してみて良かったこと、

変われたことが嬉しくて、

その喜びを自分と関わりのある人達に伝えたいと

思うようになりました。

そうすることで、私と関わりのある人達にも

一緒に幸せになってもらいたいと考えるようになったのです。

思い返してみると、自分が上手くいっていないときは

他人に幸せになってもらいたいなどと考えたことも

ありませんでした。そんな余裕も無かったんだと思います。

自分がもがいてもがいて苦しかった分、

自分に関わりのある人達には、速く幸せになってもらいたいと

考えるようになったのです。

「こっちの道を歩くといいよ。」

「こっちのほうが近道だよ。」

「こっちのほうが安全だよ。」

そんな感じです。

だから、私の仕事の関係で私と関わりを

持っていただいた方々にはこんなお願いをしてあります。

「あなたの苦しかった過去をネタにブログを書いてほしい。

あなたと同じようなことで悩んでいる人が世の中にごまんといる。

その人たちを救ってほしい。今はまだ、あなたは私に救ってもらう側にいるけれど、

いつかあなたにこっち側(救う側)の人間になってもらいたいと思っている。

あなたが苦しんだ悩みでしか、救えない人達が世の中にいる。

私の言葉では響かなくても、あなたの言葉に

『そうだよ。そうだよ。そうなんだよ。よくわかってるじゃん。』

と納得する人たちがいる。

その人たちのためにブログを書いてほしい。」

そんなお願いをしています。

なぜなら、私も少し前までは救ってもらう側の人間だったから。

そこから少しだけ勇気を出して、誰かの救いになれば

という想いでこのブログを書いています。

いつも正しさを追い求めて、自分で自分を責める日々。

自分を責めて、その辛さから逃げようと他人も攻め続けた。

自分も他人も不幸にする毎日。

そんな苦しい生き方に悩まされていた自分と重なる人達が

世の中にはごまんといる。

そんな人たちを助けたい。

助けるなんておこがましいけど、

少しでも救いになればいいと思っています。

夜になるのが怖くて、眠れない日々が辛くて。

でも、そんな毎日を苦しみながら送っている人達が

眠れないときは、朝まで読み続けられるような

1300を超える記事数まで書き続けることが出来ました。

それもこれも、すべてはあの日の自分と同じような境遇に

悩まされている仲間のために。

誰に頼ればいいのかわからなかった不透明な毎日に

苦しみ続けている仲間のために。

大きく世界を変えることは出来ないが

小さな一歩なら踏み出せる。

世界から戦争を無くすことは出来ないが、

家族や恋人同士の小さな争いなら止められるかもしれない。

『長者の万燈よりも、貧者の一灯』

『一隅を照らすものは、国の宝なり』

そんな言葉たちとの出会いも、

私の小さな使命を支えてくれているのです。

[ 2021/01/01 12:33 ]

| 一番大事なのは何のためにやるのか? | コメント(0) | トラックバック(0) |
『ビジネス=儲かるから』では、ダメな理由
皆さんは、ビジネスを自分で興したり、

仕事として働く場所を選ぶときに

どんなことを考えていますか?

タイトルにもあるような、

ビジネス=儲かるから

という発想では、私は成功するのは難しいと考えます。

会社を立ち上げる時に、

「儲かるからやる!」

では、

逆に言えば儲からないから止める

という動機付けにもなりますし

事業を継続していこうという情熱にもならないと思います。

確かに、赤字のままでは事業を継続できませんから

なんとかして黒字化していかなければなりませんが、

その事業が必ず世の中の役に立ち、

地域から、社会から必要とされるビジネスであれば

売り上げを増やすなり、支出を減らすなりの工夫をして、

継続していけるような事業になんとか持っていこうと

試行錯誤するはずです。

仕事とは、自分以外の困っている誰かを

助けるためのものであると思います。

肉屋さんは、肉を食べたくて困っている人を、

タクシーの運転手さんは、移動できなくて困っている人を、

ごみ回収の事業者さんは、自宅で出るごみを

自分では処理できなくて困っている人を

それぞれ助けるために成り立つ仕事だと思います。

何か新しい事業を立ち上げようとしたとき、

自分の周りを見まわたしてみて

困っている人を探せばいいのです。

その困っている人たちを助けることが事業化できれば、

すぐにでもお客さんはつくということになります。

ところが、自分が幸せになろう!

自分がいい服を着よう!

自分がいいところに住もう!

良い時計をしよう!

という想いでは、自分の周りの困っている人たちに

目を向けることが出来ないのです。

いろいろ事業を立ち上げる人たちがいます。

そのたびに失敗している人たちがいます。


そういう人たちに共通しているのは、

「自分を良く見せたい!そのための起業。」

だったりするように見えます。

ビジネス=儲かるから

という視点を捨てて、

困っている人を探そう!

困っている人たちの役に立とう!

という視点に立つことが出来た時、

自分の周りに、続々と支援者たちが現れてくるのだと思います。

何事も失敗していけないわけではありません。

失敗した中に、改善点を見つけ、トライアル&エラーを

繰り返していけばいいのですが、

その前の段階、土台となる部分が揺らいでしまっては

元も子もありません。というお話です。
[ 2020/12/29 10:20 ]

| 仕事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「経済」を嫌ってはいけない理由
私は、このブログの中で、時々経済の話っぽいものをしています。

私は経済学も学んだわけではありませんが、

経済のことを考えたりします。

経済とは、お金儲けのことですか?

と聞かれれば、

「半分正解で、半分不正解です。」

と答えます。というか、私はそう考えています。

「経済する」

というと、何か生活費をけちることのように

思われるかもしれませんが、

そうではありません。

「経済」の語源をそもそも辿れば、

「経世済民」が語源になっています。

そして、その「経世済民とは、

「世を治め、民を救う。政治。」となります。

知っていましたか?

経済には、政治という意味があるんです。

私の解釈に照らせば。

「お金を稼ぎ、その稼いだお金を民を救うために使う。」

ということになります。

誰かを助けるのに、必ずしもお金が必要でありません。

しかし、多くの人を一度に助けようとすれば、

結構な確率で、お金が必要になります。

私は、よく、

「なんで経営者の団体の役員をなんで引き受けるんですか?」

とか、

「なんで高校のサッカー部のトレーナーをやってるんですか?」

とか、聞かれたりします。

儲かっていると思われるかもしれませんが、

それ自体はほとんど儲かりません。

というか、仕事していたほうがよっぽど儲かります。

自分が儲かるのを捨ててでもなんでそんなことをするのか?

会計事務所からも強い口調で言われます。

「すべての団体のすべての役職を断ってください!」

それでも私が引き受けるのは、

『誰かの役に立ちたいからです。』

『困っている誰かを助けたいからです。』

ここから先は、必ずしも貨幣経済の話ではありません。

西野亮廣さんや家入一真さんなどが言うところの

「信用経済」の話になるかと思います。

自分で稼いだお金を寄付するのも経世済民ですが、

自分の持っている力をその人たちのために尽くすのも

違う形での経世済民だと思うのです。

一度私の手元にお金の形で入るかどうかの違いなだけで

結果は同じ滅私奉公なんだと思います。

自分がいい車に乗りたいから。

自分がいい服を着たいから。

自分がいい家に住みたいから。

これは経済ではありません。経世済民ではありません。

経世済民は、自分以外の誰かのために働く。

もしくは、働いた対価でその人たちを支援する。

ということだと思います。

経済の話をすると、

「あいつはがめつい」だとか

「あいつはケチだ」となる場合があります。

自分の手元に資金を残すためにけちるのはケチです。

しかし、自分以外の誰かのために、活きたお金の使い方をするのは

ケチではないと思うのです。


最後にもう一つだけ・・・・。

経世済民とは、

世を治め、民を救う。

こと。

これ、つまり、これがそのまま政治になるということ。

経営者が、自分のやりたいことを

どこまでも突き詰めていくと、

最後は必ず政治に行きつきます。

すべての国民が政治家になるかどうかは別にして、

世を治め、民を救おうと思えば、

最後は必ず政治に行きつくんだ。


[ 2020/12/28 17:18 ]

| 経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
逆境と食物繊維は、人生の苦みとえぐみって話
今日のタイトルは刺激的ですね。

逆境と食物繊維を並べてしまっていますが

どういうことでしょうか?

私の父親は糖尿病です。

現在、インシュリンも注射しています。

その息子である私も血糖値は高めです。

だから、食事や運動には注意しています。

私が勝手に信じていることですが

糖尿病には食物繊維が必要だと思っています。

食物繊維が血液中の糖の吸収を穏やかにすることは

いろいろなTVでも言われていたりします。

日本人は、その多くが白米を食べていると思います。

ご飯は白米を食べながら、その一方で野菜を食べることを

指導されています。

キャベツだの、レタスだの、食べろと言われても

なかなか量は食べられないものです。

私が勝手に信じていることですが

白米に一番相性のいい食物繊維は、

白米の周りについている胚芽とぬかの部分に

多く含まれていると考えています。

私もそうでしたが、白米にするということは

お米にとって一番の相性のいい食物繊維を

根こそぎ落としてしまっているということです。

それは、血糖値が上がりますわな。

だから、「米が体に悪い」のではなく、

「米の食べ方が悪い」と考えています。

では、どうすればいいか?

私は「分づき米」を食べています。

玄米が体にいいのはわかっているが

子供が玄米を嫌っていたりして、玄米生活をできずにいる人に

分づき米がお勧めです。

「分づき米」とは、白米の周りの胚芽やぬかを

いくらか落として精米するわけです。

分づき米には、3分づき、5分づき、7分づきとあります。

私は、5分づき米を食べています。

5分づき米とは、

↓お米の専門店ライスピア米蔵さんのホームページ参照 

https://www.ricepier.jp/


『五分づき米(半づき米)★やせたい人には効果的!

玄米のヌカ層を半分取り除いたお米のことで、

胚芽もヌカも50%以上残っています。

胚芽の栄養は、ほぼそのまま白米と玄米のちょうど中間なので、

玄米ごはんの香りとごはんの甘みが楽しめます。

栄養素を白米と比較すると、ビタミンEは2倍以上、ビタミンB1は4倍以上、

繊維質も約2倍含まれています。

玄米より消化吸収が良く、食べやすくなります。ただし、食味は白米より劣ります。

※浸水時間は最低2時間以上、炊飯時の水量は白米の2割増しで炊いて下さい。』

まー、ここまではわかった。と。

食物繊維が体に必要なんやなと。

ほんで、なんで逆境なんや?と。

なんで、食物繊維と逆境が並べて置かれるんじゃい?と。

そうくるでしょ?

白米という甘みたっぷりのお米は確かにおいしい。

しかし、そのおいしいところだけを食べていると

体を壊してしまう。

そして、ライスピア米蔵さんのホームページにもあるように

『玄米には特有の香りもある。そして、消化には良くない。』

そうです。

しかしね、この白米に精米するときに捨てられる

胚芽やぬかの苦みやえぐみって、消化の悪さって、

めちゃめちゃ体に必要なわけです。

なくっちゃならねぇ奴なんです。

決して美味しくはないけれど、体を健康に保つためには

必要不可欠なんです。

これって、

人生における逆境にも

同じことが言えるんじゃないでしょうか?

食べてみたら、苦みもあって、硬くって、

人は忌み嫌うが、そういうものにこそ

自分の体を強くしてくれるものがあるのではないだろうか?

ただし、その真実に気づくものは数少なく、

多くの人がそのことに目を背け、

見なかったことにしようとする。

逆境という、苦みやえぐみ、硬さや消化の悪さは、

一見すると、自分の体に悪い様に見えて、避けたくなるけれども

喜んで、また進んでこの逆境という人生の苦みやえぐみ、

硬さや消化の悪さを飲み込むことで、

医療でも治せない不思議の力に変わるのではないでしょうか?



続きを読む

テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

[ 2020/12/27 16:29 ]

| 逆境、挫折は財産 | コメント(0) | トラックバック(0) |
菅首相も豊田章男自工会会長も本当はわかっていて言ってる
今日のニュースで菅首相が

「日本国民の皆さん、年末はあんまり外に出かけずに自宅でゆっくり過ごしてね」的な

お願いをTV会見の中でやっていました。

そこに、意地悪な記者さんが、

「菅首相は、2050年までに温室効果ガス実質ゼロを宣言されましたが

日本自動車工業会会長の豊田章男氏が『ガソリン車がゼロになったら

電力不足が懸念される』と言っていますがどう思いますか?」

質問をしてました。

自動車業界を含めた世界的な「カーボンニュートラル(ライフサイクルで見た時の

CO2の排出量と吸収量がプラスマイナスゼロの状態)を目指す」流れは、

これからも地球に住みゆく私たちは、確かに地球に優しくあるべきだという意味で

確かに必要なことだと思う。

しかし、私には「SDGs(sustainable development goals持続可能な開発目標)」や

「カーボンニュートラル」は、『中国を止めよう!』という世界の意思を感じる。

今、中国は、世界で独立独歩の経済政策と安全保障を展開していると思う。

その動きを、アメリカをはじめ、日本やEUも止めることが出来ずにいる。

(なぜ、中国の経済発展を止めるのか?中国が経済発展しちゃダメなのか?と言わないでください。)

しかし、「みんなで中国を仲間外れにしようぜ!」とは言えないから

国際サミットの場でみんなで決議して、国際社会の共通目標に設定することで

「地球を汚しながら経済成長をしようとしている国とは、取引しないようにしましょうや」

と言っているようなものだ。

『安いからこっちの製品を買う。のではなく、

自分の為だけではなく、みんなとともに

発展していける国(会社)と取引しましょう!』

と言われているのです。

私は、ドキッとしましたよ。

なぜなら、私の知り合いにとっても高い名刺を使っている人がいて

その名刺を印刷する会社は障碍者を雇っているのでした。

「障碍者の雇用を守るため、私はこの高い名刺を使い続けます。」

と言っていました。

私は、ドキッとしました。

安いカップラーメンで食事を済ませるのもいいですが、

私の近所の中華料理店「煌林」さんは、マスターとおかみさんと

二人でやっています。二人はとっても仲良しです。

仲良しの夫婦が作る中華料理はとっても温かく、

身も心も癒されます。

その煌林さんには、「医食同源」という文字が書かれています。

「お客さんにおいしい料理を提供したい。」

「お客さんに体に良い料理を提供したい。」

そんな想いが伝わってくる料理を味わうことが出来ます。

私のお勧めは、「酸辣湯麺(サンラータンメン)」と「水餃子」です。

それから、実はこの煌林さんで出てくる水がただものじゃないと

思っています。なんだか、甘みがあるような、口当たりが水道水よりも

柔らかいような、それでいて市販のおいしい水でもなさそうな

特別な味がします。

結局、お客さんに体にいいものを提供しようという

ご主人と奥さんの気持ちが伝わる料理とサービスを味わえる店だということです。

ホームページを張り付けておくので見てみてください↓

https://kourin-iwate.com/


その煌林さんのホームページにこう書いてあります。

「人を良くすると書いて 食 」

やっぱり、人に優しくしたい、人に良くなっておらいたい

そんな料理店なんだとつくづく感じました。

中国を中心としてそれを取り巻く各国の世界経済の話から始まって、

私がお勧めする近所のおいしい中華料理店で終わる。

まさか、皆さん思いもよらなかったですよね?この着地点。

私はドキッとしました。

皆さんはどうですか?





[ 2020/12/25 20:00 ]

| 経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
携帯料金が安くなっても恩恵を得られない人々
docomoとsoftbankが携帯料金の値下げを発表した。

思い切った値下げですげーなと思うけれど、

よく考えると

「なんでその料金で今までやらなかったの?

今までぼろ儲けじゃん」

という声は聞こえてこない。

料金改定されるのは、3月から?の予定で

まだ実施されていない。

だから、見えていないことがある。

それは、この値下げの恩恵にあずかれるのは

全員ではないということ。

「えっ?」

だって、このサービス、

「インターネット申し込みのみ」ですけど。

これまで、IIJmioやら、UQモバイルやらmineoやらの

格安SIMを使いこなしてきた人たちは

「楽勝じゃん!」ですよね。

実際乗り換えるかどうかは別として。

でも、これまでそれぞれの携帯ショップに行って

何から何までやってもらっていた人たちは

指をくわえて見ているしかありません。

そういうサービスです。

「えっ?」

そもそも、このサービスの本質は、

「安くするから携帯ショップに頼らないでね」

「ぜーんぶ自分でできる人は安くしてあげる。」

というサービスなんです。

トヨタという自動車メーカーがネッツトヨタなどのディーラーに

販売を委託するように、

docomoとドコモショップ店員は同じ会社じゃありません。

メーカーと小売店の関係です。

2980円で店員に全部やってもらえると思っているあなたは

この料金で使えませんよ。

街頭で

「docomoとsoftbankは安い料金出たんだから

auも値下げしてほしいー。」

とインタビューに答えていた女性たち。

大丈夫ですか?


そもそも日本の携帯のスタートがこの販売代理店システムでした。

お客さんは受付で座っているだけで

店員さんがぜーんぶやってくれるシステムで

お客さんがなにもできなくなるように育ててしまったんです。

甘やかされたんですね?

というか、何もできないお客さんに意図的に育てたんです。

お客さんが何もできないと自分たちの仕事が無くなりませんから。

海外の人たちは全部自分でやってます。

SIMフリーのスマホを買って、自分でSIMを入れ替えてます。

海外旅行すれば、その国のSIMを指し変えて使っています。

この時点で

「SIMって何?」

という方、残り2カ月勉強してください。

2カ月あれば十分勉強できます。

私は乗り換えるかまだ検討中ですが、

娘は乗り換えたほうが間違いなく得なので

娘は乗り換えさせようと思っています。

私は、5年以上格安SIMで鍛えられました。

我が家はだれも大手キャリアと契約していません。

この値下げ、全員が享受できないということさえ

まだわかっていない。

この後、大騒ぎするのは2月ごろからかな?

キャリアのショップに行列ができて、

「なんで店員が設定やってくんねーの?

俺たち客だしぃ!SIMって言われてもわかんねーし!」

「SIMって何?お・れ・た・ち・S・I・Mってかー?」

「あのー、お客様、あのサービスはお客様ご自身がインターネット経由で

契約していただくのが条件となっておりまして・・・。

店頭ではご対応できないことになっているんです・・・。」

これまでの携帯料金の高さに泣き寝入りしてきた人たちの

ぶつけようのない逆ギレ一揆が日本中のあちこちで勃興する予感がします。

さあ、準備してください。残された時間は、2カ月です。

「いいっ。私はこれからも店員さんにやってもらうからっ!」

そんなあなたの携帯料金はこれまでと変わらないのです。
[ 2020/12/24 18:57 ]

| 経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
お金がないことは本当に悪いことか?
 私が子供のころは自転車も自分が欲しいと言ったときに

買ってもらえず、泣いてた。

だから新聞屋さんから新聞配達のアルバイトの話を

聞いたときはその話に飛びついた。

もちろん、両親も反対はしません。

新聞配達でアルバイトをして・・・・

自分で自分のお小遣いは稼いだものです。

新しいスキー板が欲しかったら、

自分で稼いだお金で買った。

何年もかけてためたお金で買ったからこそ

そのスキー板が旧式になっても使い続けますし、

今みたいな短い板が主流ではなかったので

長い板を買うわけです。

しばらく買い替えなくてもいい様に。

また、自分のお金で買ったから

物を大事にするようになる。

物を大事にするから、型は古くてもいつまでもピカピカ。

簡単に「新しいのが欲しい」なんて言えませんから。

それでも自分の家のことを貧乏だとは考えたことがなかった。

逆に、大学に行き、お金持ちの子供たちがたくさんいた。

なんでも欲しいと言えば買ってもらえて、

なかには車で大学に来るやつもいた。

でも、中には、自分で働いて授業料を払ってるやつもいた。

金持ちの息子を羨んだことは一度もなかったが

自分より苦労している人間には、

「スゲエ奴もいるもんだ。俺もまだまだ甘ったれだな。」

と自分を鼓舞したものだ。

こういう反骨心のようなものは、学校で教えてもらうものでもなく

お金を積んでも学ぶことが出来ないことだと思う。

このブログを読んでくれている人の中にも

この気持ちがわかる人とわからない人が

いるかもしれない。

どちらが正しいとか言うつもりはないが、

私は自分の人生が良かったと思っている。

お金がなければ自分で勉強する。

自分で動く。汗をかく。

他人にやらせるからお金がかかる。

「うちの会社は給料が安い。」

ではなくて、

「俺ってなんでも人にお願いしちゃうんだよね。」

なんだよねって話です。

私の家は決してお金持ちではなかったが、

私を大学まで行かせてくれた。

そのために両親はかなりの無理をしてくれた。

だから必死に勉強した。

なんでも自分でやろうとする自分になれた。

両親と子供のころの環境に心より感謝している。
[ 2020/12/23 18:57 ]

| 逆境からの脱出 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「医者の不養生」と「アスリートの体の使い方」の話
今日のタイトルは、「医者の不養生」と「アスリートの体の使い方」ですが、

一見すると全く違う分野の話のようでいて、

結構似通っていますよって話です。

今日の話は結構マニアックですので(かなりマニアックかも・・・)

「あほらしい」と思える方は、スルーしていただくことをお勧めいたします。

まずは『医者の不養生』とは、

「人に健康を進める医者が

自分の健康のことには疎い。」

という意味から転じて、

「言ってることとやってることが一致しない。」

という意味になります。

ただし、私が今日、このブログで取り上げたのは

そういう意味ではなくて・・・・。

お医者さんって、他人の体のことをよく診てくれます。

隅々まで。

そして、めちゃめちゃ細かく診てくれます。

見落としがないように。

大事なのは、その先です。

他人の体をめちゃくちゃ真剣に、

そして細かく診ていこうとしたときに、

自分の体のことは見えなくなっていく。

ということです。

他人に集中すればするほど、

自分に集中できなくなっていく。

ってことです。

だから、お医者さんが体を壊してしまう。

だから、他人に厳しく、自分に甘い

いい加減なお医者さんも不養生になりますが、

患者さんを一生懸命診ているお医者さんも

不養生になってしまうって説なんです。



そして、今度はアスリートです。

最近、長距離の陸上選手たちと関わることが多くって、

気づいたことがあります。

長距離に限らず、陸上の選手って、

「速く走る」、「高く飛ぶ」、「遠くに投げる」

を求めます。

そのための細かなテクニックも存在しますし、

相手がすぐ隣にいる場合もありますが、

「自分の仕事に集中する」その度合いは、

バスケットボールやサッカーや、野球の比ではないはずです。

面白いことに、速く腕を振ることに集中するあまり、

太ももの裏の筋肉に集中することが出来なくなっていたり、

おしりの筋肉に集中することが出来なくなっていたりするんです。

(この辺の話は、アスリートでないと共感いただけないかもしれません。)

そういう意味で、

「一つのことに集中するあまり、もう一方のことが見えなくなってしまう。」

という点で、その様子はあたかも「医者の不養生」のようでもある

と感じた私でありましたって話です。

皆様にとって面白かったかどうかは定かではありませんが、

私が言いたいことを言いたいように言った。という今日のテーマでした。

でも、お医者さんでもなく、アスリートでもなくたって、

あなたの明日に同じようなことが起こる可能性はあると思ってます。

この話、生かすかどうかはあなた次第です!

(このフレーズ使いたかっただけ?笑)
[ 2020/12/19 20:12 ]

| 健康2 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「サブスクリプション サービス」には気をつけろ!
皆さんは、「サブスク」って聞いたことないですか?

正式名称は、「subscription service(サブスクリプションサービス)」の

略語です。

サブスクリプションサービスとは、月額課金制のサービスのことです。

わかりやす例でいえば、

「月額880円●●し放題!」

これですね。

ネットフリックスなんかがいい例です。

毎月決まった料金を支払えば、映画やテレビドラマが

見放題になるサービスです。

「えー、でも880円なら、TSUTAYAで

DVD3、4本借りたら元が取れる!」

とか、張り切らないでください。

「一カ月だけ880円支払って、一カ月間映画が見放題!」

というサービスなら、使ってもいいかもしれませんが

サブスクは毎月支払い続けることがキモになります。

毎月見ますか?そんなに何本も?

来月も見ます?再来月も見ます?

そのうち、支払っていることすら忘れたりして・・・・・。

目も当てられません。

今、このサブスクを使う会社が業績を伸ばしています。

Amazonなんかもそうですね。

GoogleのGmailなんかも、そろそろサブスクし始めましたね。

マイクロソフトのoffice(WordとかExcelとかPowerPointとか)

その辺もサブスク仕掛けてきています。

街中では、

「月額20000円で、一カ月フランス料理食べ放題」

なんてのも出てきました。

企業側にとってはサブスクは業績安定のための

「金の生る木」

です。

ただ、利用する側は考えないといけません。

「便利」と「必要」は同じじゃないです。

「お金がない」というけれど、

「お金はあるんです。ただ、あなたのポケットに穴が開いてるだけなんです。」

そんな話を娘や息子にしています。

まるでわかってくれませんが、そのうちわかる日が来ると信じて

今日も馬の耳に念仏を唱える私です。
[ 2020/12/18 11:18 ]

| 経済 | コメント(0) | トラックバック(0) |
イーロン・マスク氏と堀江貴文氏の志について
皆さんは、イーロン・マスク氏を知っていますか?

アメリカの起業家です。

このイーロン・マスク氏こそ、今の世界をリードしている人物かもしれません。

日本を見てください。

菅総理自らが「宇宙開発戦略本部」の本部長を務めております。

また、菅総理が打ち出す政策は、「クリーンエネルギー」。

日本のこれからが「宇宙開発」と「クリーンエネルギー」です。

ここにイーロン・マスク氏が何の関係があるのか?


イーロン・マスク氏は現在、2社のCEOをしております。

ます、その1社は民間企業でありながら宇宙にロケットを飛ばす

スペースXという会社です。

今までNASAがやってきたことを民間でやろうというものすごい会社です。


2社目は、テスラという会社です。

日本のトヨタが世界をリードしてきたEV車(とよたの場合は、半分ガソリン・半分電気のハイブリッド車)

の業界に世界初のすべてのエネルギーを電気で賄う車を発表し、

これまでの世界の自動車業界の勢力図を

わずか10年足らずで書き換えてしまった人物でもあります。

このイーロン・マスクは、この2社の前にPAYPALという会社の創設メンバーでもありました。

世の中にはすごい人がいるものです。

この人のすごさを例えるなら

「今は、トヨタとユニクロとNTTの社長を同時にしていて、

その前はSOFTBANKと楽天を共同創業した。」

ぐらいかな?

日本にも堀江貴文さんがインターステラテクノロジズ㈱という

民間でロケットを打ち上げている会社があります。

宇宙に興味を持つのは、「儲かるから」ではなく、

そこが「人類未踏の地」だからなのかもしれません。

イーロン・マスクも彼を紹介した書籍の中で

「私がこの事業に失敗しても、誰かがその志を継いでくれればそれでいい。」

と言っていました。

その時、「かっこいい」と思いました。

堀江貴文氏も、動画の中で

「ロケットを飛ばすのは儲かるからですか?」

と聞かれ、「そんなんじゃない!」と強い口調で言っていました。

彼らが、ロケット事業を儲かるかどうかで考えたら、

飛ぶかどうかわからないロケットを何度も何度も飛ばそうとするわけない。

イーロン・マスク氏も堀江貴文氏も何度もロケットの打ち上げに失敗している。

しかし、二人ともその失敗にめげることなく何度もチャレンジしている。

これを「志」というのだろう。

私にも小さいながらも「志」があって、

それを「儲かるからでしょ?」

とか、

「いいお客さんだよね?」

とか言われたりする。

実は、その事業自体は全く儲かっていない。

私が全く儲からないことをするわけがないと思っているらしい。

もしくは、「自分だったら絶対もうからないことはしないから、

お前も儲からないことは絶対するはずがない。」

とでも思っているのか?

自分の持つ志は、どうやら他人には全くわからないようだ。

ということが、この二人を見ているとよくわかり、

自分も

「これでいいのだ!」

と思えたりする。

[ 2020/12/17 18:18 ]

| 夢について | コメント(0) | トラックバック(0) |
YOKONE classicはネットで売ってます!
YOKONEclassicが欲しいと言われます。

YOKONEclassicとは、私の所で

使っているマクラです。

とても評判が良いです。

首が悪い人は、YOKONEclassicに寝た瞬間に

「なんですか?このマクラは?」

と聞かれます。

首が悪い人には、瞬間に良さがわかるようです。

私の所にも少し置いていますが、ネットでも買えます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



[ 2020/06/06 10:30 ]

| 横向き専用マクラ YOKONE classic | コメント(0) | トラックバック(0) |
転ばせたくない親と転んで学ぶ子供の話
私には、20歳の娘と11歳の息子がいます。

二人とも可愛い私の子供達です。

二人とも次第に自分のやりたいことを

ハッキリと口に出すようになってきました。

次第に私と口論になったりすることもあります。

私も親として

「それはマズいだろ?」

と思うこともあるわけです。


そして、明らかに

「おーい、そっちは崖だよ。」

と言いたくなるような選択を子供達はする時があります。


そうなると、私もムキになってしまい、

「明らかにおかしーだろっ!」

とか、

声を荒げてしまったりするんです。

そして、子供達とぶつかってみたりして・・・。

子供達からは、

「だいっきらいだー。」

などと言われてみたりもします。

そこで私は思うわけです。

なんで子供達は俺の気持ちがわかってくれないんだろー?

そっちは崖だよ。っておしえてるだけなんだけど。

落ちたら痛いだろ?

泣くことになるだろ?

俺が訳もなく反対するわけないじゃん。

お前たちが泣かなくて良いように教えてあげてるのにー。

なんて、もがいてみたりして。


でも、私の子供達、私とぶつかってくれて良いんです。

口論になって良いんです。

ぶつかり合ってわかっていくんです。

お互いのことを。

物わかりの良い子が必ずしも幸せになれない

ってことも世の中にはあるようです。

私は、息子の任天堂Switchのゲームで

「フォートナイト」

ってゲームがあるんですが、

あまりにも言葉が汚くなるから

友達とケンカするから、

禁止にしてました。


でも、周りから見たら物わかりの良い子が

親に対する拒否反応が体に出ているのを見て、

「あっ、いっけね!」

とすぐに

「フォートナイト解禁」

にしました。

フォートナイト禁止は、間違っていなかったと

今でも思っています。


親は子供に教えたいもの。

子供は転んで覚えるもの。

永遠の平行線か?



親子も夫婦も

彼氏と彼女も

全部同じ。

正しいかどうかじゃない。

楽しいかどうか。

そんな気がします。
[ 2020/05/21 19:00 ]

| 子育て | コメント(0) | トラックバック(0) |
コロナウイルスでネガティブになっちゃった人々の話
以前、このブログのどこかで

「人は本来ネガティブな生き物だ」的な話を

書いた記憶があります。

しかし、タイトルが定かではありません。

その記事と内容が少し重複しますが

人は本来ネガティブで、特に生きるか死ぬかの

戦時中とかは、生きるためにネガティブにならざるを得ないんです。


なぜかというと、曲がり角の先に

「がさっ!」

という音が鳴ったとき、皆さんならどうします?

戦時中ですよ。

「敵軍かな?」

とか考えて、身構えたりしませんか?

常に、命を最優先に考えて

身を守るために「最悪のケース」を想定するんです。

だから、

人は命の危険を感じたときに

ネガティブにならざるを得ないんですね。

だから、今はコロナウイルスが感染拡大しだした頃、

「みんな大げさなんだよ。コロナウイルスはただの風邪なんだよ。」

という方が世の中にはいました。

経済活動が停滞することを避けようと考えれば、

そういう気持ちもわからなくはないですが、

人の本質に迫っていくとわかるわけです。

「人は命の危険を感じるとネガティブになっていく。」

と。

戦時中にポジティブな人はいません。

「大丈夫、大丈夫。」

なんて言ってたら死んじゃいますから。

今後、コロナウイルスが終息に向かい

日本国民だけじゃなく、世界中の人々が

ポジティブになるまでには

まだ、もう少し時間がかかりそうです。

私にも、世界を変える力は当然ありませんが、

自分の周りの家族から少しずつ、

明るい気持ちにしていくことが出来たら良いなと思っています。

もしも、それが出来たら私と関わる少しの人に

もう一度、立ち上がろうよと声を掛けていくつもりです。


コロナウイルスは、まさしく国難でした。

もう一つ上の地球難といってもいいでしょう。

でも、zoomというアプリが出てきました。

私も使ってみました。

すっごい便利でした。

娘はノートパソコンがあるのに、

スマホしか使っていませんでした。

授業は、オンライン授業となり、

悪戦苦闘しながら、zoomとteamsを使って

なんとか授業に参加していました。

これって、後退してるんでしょうか?

人は何か壁にぶつかるとなんとかそれを乗り越えようとします。

今、地球人は新型コロナウイルスという壁に

ぶち当たり、

「なんとかできねーか」

と悪戦苦闘しながら新たなテクノロジーで

乗り越えようとしています。

もう一度よく考えてみたいんです。

新型コロナウイルスの登場で

世界中のたくさんの人が亡くなりました。

私が小さい頃からTVで見続けてきた

志村けんさんも亡くなってしまいました。

世界の経済成長はマイナスとなり、

地元の商店街も売上が減って大変です。

会社員はテレワークを始めました。

娘はオンライン授業を始めました。

私は新しいアプリを使い始め、

出来ないことを出来るようになろうと挑戦し始めました。

「本当にマイナスですか?」






[ 2020/05/20 19:33 ]

| 幸せ3 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ダメージジーンズのように生きていきたい!って話
人は皆、幸せに生きたいと願っています。

これに異存はないはずです。

そして、幸せに生きたいと願う人達に

「幸せに生きる」

を定義してもらいます。

すると、

「悩みのない人生」

とか、

「挫折のない人生」

とか

「平凡でいいから浮き沈みのない人生」

とか言ったりします。

では、前々回ぐらいから書いている

「陰と陽」

に照らせば、

人はいつ幸せを感じられるのでしょうか?

分からない方は、前々回ぐらいから

このブログを読み直してください。

そう、答えは・・・・
続きを読む
[ 2020/04/11 19:31 ]

| 幸せ3 | コメント(0) | トラックバック(0) |
陰陽をもう少し詳しく
先日の記事で

「陰陽に照らせば・・・」

と書いてあります。

「陰陽って何さ?」

という方もいらっしゃるかと思いました。

「世の中の物事は例外なく、

相反する一対をなしている」

とも書きました。

私は、この二つを同じ意味で書きましたが

そのことをもう少し詳しく書いてみようと思いました。
続きを読む
[ 2020/04/07 19:23 ]

| 幸せ3 | コメント(0) | トラックバック(0) |
暗闇の世の中に光を見いだせるか?
このブログを書いているのが令和2年4月3日(金)です。

昨年12月に中国は武漢に端を発したコロナウイルス問題。

日本だけでなく、今や世界中にその猛威を振るっている。

株価は下落し、日本中、世界中のイベントが自粛要請の中にある。

学校は、3月の初めから臨時休校を迫られ、

子供達は外に出てスポーツすることも3月の中旬まで

ままならなかった。

そして、さらに東京、大阪、大都市を中心にコロナの感染が

拡大し、街に人がいなくなった。

経済活動は停滞し、この先多くの企業が業績を下方修正し、

なかには倒産する会社も出てくるだろう。

この数か月前まで、世界がこんなにもひどい状態になるなんて

どれだけ多くの人が予測できただろう?

ここで考えてみたい。

陰陽の考えに照らせば、

全ての出来事には、

相反する2つが一対の関係にある。

それならば、
続きを読む
[ 2020/04/03 17:04 ]

| 幸せ3 | コメント(0) | トラックバック(0) |
お葬式で初めて泣いた。しっかり生きなきゃあと思った話。
戦後を生きた私の祖母が先日亡くなった。

大正、昭和、平成、令和と4つの時代を

生き抜いた祖母だった。

火葬の前に、

私の10歳ぐらい年下のいとこが

祖母の頬を愛おしそうに撫でていた。

武骨で寡黙、男らしさが服を着たような

私のいとこが人目をはばかることなく泣いていた。

そんな姿を見ていて、

祖母との懐かしい思い出が次から次に頭の中を

かけめぐっていた。

祖母はいつも私に

続きを読む
[ 2020/04/01 16:33 ]

| 幸せ3 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「何のために」が一番大事って話
「仕事をするときに、一番大事なものは何ですか?」

と聞かれたら、私は

「その仕事、何のためにするの?」

と聞くようにしています。

その仕事を仕事をする本人が

何のためにしようとしているのか?

誰のためにしようとしているのか?

そこが一番大事なんです。

それを

「まあ、いいっか」

にすると、

とんでもないことになりますよという話をしたいと思います。
続きを読む

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

[ 2020/03/06 09:29 ]

| 仕事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
YOKONE classicはネットで売ってます!
皆さんに嬉しいお知らせです。


YOKONEが「YOKONE classic」と名前を変えて

復活していました。

いびき 無呼吸対策 枕 横向き寝 医師推奨 肩こり ムーンムーン YOKONE Classic 横向き寝用枕 低反発 まくら マクラ いびき防止 いびき対策 横寝 いびき対策グッズ 無呼吸症候群 無呼吸 ストレートネック ウレタン 快眠グッズ moonmoon

初代YOKONEのサイズ 12㎝×37㎝×63㎝

YOKONE classic 12㎝×37㎝×62㎝

とほとんど同じサイズです。

なのに、値段は約 1/3になってた!!






[ 2020/02/28 10:59 ]

| 健康2 | コメント(0) | トラックバック(0) |
性格の良い人ほど悩む世の中
世の中には、性格の良い人がいます。

数少ないですがいます。

では、その性格の良い人が

必ず幸せに生きているか?

と聞かれると、

「そうでもないですね。」

と答えます。

真面目にさえ生きていれば

必ず幸せに生きていけるとは

言い切れないのです。

では、今日は、性格の良い人が

危うく不幸になるとこだったけど

アドバイスひとつで、

ぎりぎりの崖っぷちから蘇ったというお話をします。
続きを読む

テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

[ 2020/02/02 18:54 ]

| 逆境、挫折は財産 | コメント(0) | トラックバック(0) |
夢の持ち方について
皆さんは、夢を持っていますか?

夢を持っている方はそれで結構ですが、

夢を持っていないという方。

逆に、何歳まで夢を持っていましたか?

これまでの人生、夢を持ったことのない人は、

ここから先の文章で夢を持っていただければ幸いですし、

また、夢を持つために参考にしていただければ幸いです。

私は今年で47歳になりますが、

今も夢は持ち続けています。
続きを読む

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

[ 2019/10/30 09:09 ]

| 夢について | コメント(0) | トラックバック(0) |
私が本当に「この人、すごい人だな~。」と感じた人
またまた、気まぐれの私が久しぶりに

ブログを更新させていただきました。

その久しぶりの内容が、

カテゴリ的には

「一流の人に会いに行く」

私が

「この人すごいな」

と思った人の話です。
続きを読む
[ 2019/10/14 13:32 ]

| 一流の人に会いに行く! | コメント(0) | トラックバック(0) |
大和接骨院の公式ホームページがリニューアルされました!
大和接骨院の公式ホームページの

アドレスが変更になりました。

こちらに最新の情報が更新されます。⇩

https://daiwasekkotsuin.com
[ 2019/03/12 21:16 ]

| 幸せ3 | コメント(0) | トラックバック(0) |
本当に書きたいことだけを書くことにしました
新年あけまして、

おめでとうございます。

何年ぶりだろ?

このブログを書くのは。


突然ですが、

これまで私が書きためてきた

このブログ

実は

記事の数が1600以上ありました。


何年かかって書いてきたんだろ?

この度、大幅にシェイプアップいたしました。

そのカットした記事数、

なんと

およそ、1000記事。

記事を削除してみて気付きました。

「無駄が多かったな。」

一つの記事を書くのに

1時間以上掛かったものも

沢山ありましたが、

1000記事を削除するのに

掛かった時間は30~40分でした。

確かに、私が削除した記事が必要だった人も

世の中には、いたかもしれませんが。

今後は、私が本当に書きたい記事

そして、私が皆さんにお伝えしたい

おすそ分けしたい

そんな記事だけを書いていきます。

ブログの読者の間口を広げようとして

必要のない記事まで書いていました。

これからは、

書きたいことだけ書いていきます。

私が良いと思うものだけ

書いていきます。


必要としていない人にまで

言葉を届ける必要はなく、

そんな人達にとっては

どこまでいっても押しつけでしかない

ということです。


万人に受けるものではなく、

私の感性に共鳴、共感して頂ける方の為だけに

書くことになりました。

以上、新年のあいさつと決意表明でした。

平成31年は、最後の平成となりました。

あと数年すると、

「平成は何年まであったんだっけ?」

とか、

そんな会話になるんでしょうね。

そんな節目となる平成31年が

このブログの読者の皆様にとって

素晴らしい一年となりますように

心よりご祈念申し上げます。


[ 2019/01/03 20:14 ]

| このブログの立ち位置について | コメント(0) | トラックバック(0) |
逆境も症状も人生にはなくてはならない必要なもの
人生には逆境があります。

何をやってもうまくいかないときのことです。

そういう時は、やることなすこと

悉く裏目です。

「いつも自分は反対の方を選んじゃうから・・・。」

と反対を選んでも裏目です。


では、こういう時は

落ち込むのが正解なのでしょうか?

私はそうは思いません。

私は、
続きを読む

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2017/02/09 08:38 ]

| 幸せ | コメント(0) | トラックバック(0) |
私には真似出来ない立派な子育ての話
以下、素晴らしいお話しです。
------------------------------------


ある日、自分の子どもが「学校へ行かない」と言ったら…?
親として、どんな対応をしたら良いのでしょう?

シンガーとして仕事をしながら、3人の娘さんをシングルマザーとして育てている順田ひろみさん。

ある日のことです。
末っ子の娘さんがこんなことを言いました。

「お母さん、私、学校へ行かず、家で、自分のペースで勉強していきたい。」

いきなりの不登校宣言でした。

もしも、小さな娘さんがこんなことを言ったら、お母さんはびっくりしてしまいますよね。
「何言ってるの?」
「何か学校であったの?」
と心配になってしまう事でしょう。

この時、順田さんが娘さんにした対応と、教育への考え方が、多くの人から賞賛されています。

では、順田さんがした、娘さんへの対応はどんなものだったのか。

順田ひろみさんはご自身のブログでこう述べています。

小学校の今年度最後の
懇談会に出席した。

親たちが席につくと、
我が子からのメッセージが
それぞれに置かれていた。

4年生の三女。

丁度、一ヶ月位前だったかな。
お母さん、私、学校へ行かず、
家で、自分のペースで勉強していきたい。

突然の不登校宣言だった。(笑)

学校の授業は、算数とか、
せっかく集中し始めたところで、
チャイムが鳴って、
やめなくちゃいけなくて、
それが嫌なんだと。

なるほど、
彼女の言うことも
分かるなぁと思った。

じゃ、あなたが思うようにしてみたら?
ということで、

彼女は、学校へは行かず、
自宅で学び始めた。

早朝から自分で起きて、
計画を立て、意欲的だった。

分からないところは、自分で、
インターネットの授業を受けたり、
私に聞いてきたりして、
確かに彼女の勉強は進んだ。

何の為に、学ぶのか?

学校は、何の為に行くのか?

誰の為に学校へ行くのか?

将来、どんな方向に進みたいのか?

どう生きたいのか?

そんな事を語り合う日もあった。

三姉妹の末っ子の彼女と、
2人っきりでこんなに話せる機会は、
そうあるものでもない。

ゆっくり時間をかけて、
私達は、話し合った。

いつの間にか、
いろいろ考えるように
なったんだなぁ。と感心したりもした。
まだまだ、幼いことは勿論だけど。

きっと、この子にとって、
物凄く大切な時なんだろう。
色んなことに疑問を持ったり、
立ち止まったりすることは、
悪いことではない。

むしろ、彼女が、自分で考え、
成長する素晴らしいチャンスでもあるのだ。
私は、三女のプロセスを見守ることにした。

担任の先生にも、
事情を話しご理解をお願いした。
有り難いことに、先生も、
彼女のプロセスを信頼し、
任せて下さった。

彼女の一日は、
意欲的に勉強したり、
ピアノを弾いたり、
歌を歌ったり。

そう、彼女は今
クィーンにハマっていて、
英語のオリジナル曲を
何曲も耳で覚え完璧に歌えるのだ。
クィーンなのだ。(笑)

お洗濯や、お掃除、お料理もする。
彼女の生活は、とても充実していた。

彼女は、私が4年生の時より、
ずっとずっとテキパキと、
いろんな事ができる人だ。

時々は、一人、宙を眺め、
考えに耽っていることもあった。
退屈そうな日もあった。
そんな時間も、大切だったと思う。

順田さんは、娘さんに
「思うようにしてみたら?」
と、彼女の自主性を尊重しました。

そして、共に過ごす時間の中で、いろんなことを語り合います。
幼かった娘さんが、成長している姿を身に染みて感じました。
また、学校の先生にも事情を話して、娘さんの考えをきちんと理解してもらいました。

そして、あることをきっかけにして、娘さんは再び決断をします。

そうして、一週間位経った頃、
私は、三女のクラスの
懇談会に出席した。

すると、
ある男の子の親御さんから
声をかけられ、

三女の歌は、
感動するらしいから
ぜひ聞きたいと言われた。

その息子さんが、
三女の歌うアナ雪の
「Let it go」英語バージョンが
凄いんだと、家でしきりに
語っているのだと言うのだ。

他のお母さん達からも、
同じようなことを言われた。

そのことを三女に伝えると、
彼女は、嬉しそうだった。
休み時間にちょっと歌っただけなのにと。

そして、やっぱり、
学校へ行きたいと、申し出てきた。

一人で勉強するのは、
確かに捗るけれど、
学校は、勉強するだけの
場所ではない。

お友達の存在の有り難さを思ったらしい。

今は、また元気よく、
自らの意思で登校している。
毎日楽しそうに、
日々の報告をしてくれている。

そんなことがあったからだろう、

彼女からの私へのメッセージは、
こんな内容だった。

「いつもありがとう

私のやりたいように

やらせてくれて、

自由に生きることができました。

これからは、私が恩返ししますからね」

(笑)

結局、彼女の不登校期間は、
一週間だった。(笑)

けど、もし、もっと必要とするなら、
必要なだけ時間をかけたらいいと
私は腹を括っていた。

子どもが、立ち止まり、
考えようとしている時、
ちゃんと、立ち止まらせて
あげたいと思う。

自分と向き合わせてあげたい。
自分でとことん
考えさせてあげたいと思うのだ。

子どもが自分で考えようとした時、
頭ごなしに方向ずけるのではなく。

私が子どもの時、
両親がそうしてくれたように、
私に関わってくれた
恩師達がそうしてくれたように
してあげたいと思うのだ。

それが、私にとって、
大きなターニングポイントと
なったことを、それもまた
深い学びの時間だったことを思うから。

こうして娘さんは、再び登校を始めました。
「学校へ行かず、自分のペースで学ぶ」という道を選んだ娘さんは、これを実践したことで、新たな世界に気付いたようです。

子どもの気持ちに寄りそい、尊重し、見守る。
できそうで、できないことですね。

頭ごなしに否定せず、子どもの考えを聞いて理解するという順田さんの教育方針には、多くの共感の声が上がりました。

そして母のその思いは娘さんにも伝わっているようです。

子ども達は、当たり前ですが、それぞれ個性が違うもの。子育ては皆同じというわけにはいきません。親も、学校も、一人一人に向き合って、一緒に成長していけるといいですね。

------------------------------------------

出典元:http://blog.juntahiromi.com
[ 2017/02/02 22:35 ]

| 子育て | コメント(0) | トラックバック(0) |
失敗や挫折は後戻りじゃないって考え方出来るかがカギ!
長い人生の中で

今まで一度も挫折がない方っています?

世の中にはいるかもしれませんね。

でも、世の中のほとんどの人は

挫折を経験するんだと思います。


その挫折の時期をいかにして過ごすかが

一番大事なことだと思うんです。

世の中の成功者は、

どうしているんでしょう?

今日は、トーマス・エジソンから

そのことを学んでいきたいと

思います。⇓
続きを読む

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

[ 2017/01/29 21:34 ]

| 逆境、挫折は財産 | コメント(0) | トラックバック(0) |
人は自分の為になんか頑張れないって話
人は、夢をもったり、志を立てたりするときに

その多くが「自分のための夢」

「自分が幸せになる志」

をたてたりします。


でも、そういう夢や志というものは

その多くが途中で挫折することになっています。


なぜか?

それは、夢や志には

厳しい壁や逆風がつきものだからです。

そういうものがつきものだから

誰しもカンタンに夢や志が

成し遂げられないでいるのです。



では、自分の夢や志を遂げるためには

どうしたらいいのか?

それは、

「自分以外の誰かの幸せのための夢」

であったり、

「自分以外の誰かが喜ぶ志」

である必要があるのです。



ですから、夢や志の根底には

「他人の喜びが我が喜び」

という哲学がなくては

到底叶えられる者ではないのです。


そんなのないよ~

と嘆きたくなるのですが事実です。



自分以外の誰かを幸せにするために

人は産まれてきました。


自分以外の人が心底喜んでいる

その姿をみて、

「あー、嬉しいなー」

と思える人間にだけ

夢や志は成し遂げられるものなのです。


そのことを日本一のコメディアン

萩本欽一さんが話しています。⇓

---------------------------

ぼくなんか、まさにそうだった。

コメディアンの才能がないってわかってたけど、

ぼくが子どもの頃、借金取りに土下座して、

泣いていた母親のことを思うと、

途中でやめるわけにはいかなかった。



お金持ちになって、

家を建ててやりたいと思ったからね。

自分のためだけじゃなくて、

誰かのためにやっていると、

途中で投げ出さないよね。



自分のためだけだと、

つらくなると、

やめてしまうでしょ。

ー 萩本欽一 ー

-------------------------

「自分の為には、

いつでも夢や志は

カンタンに捨てられる」

そういうもののようです。
[ 2017/01/22 17:36 ]

| 成功 | コメント(0) | トラックバック(0) |
カンタンに運を良くする方法
☆運を良くする7つの方法 ☆

その1:
掃除をしてみよう!

「断捨離」という言葉が

流行しましたが、

この掃除をするというのは

とても強力な開運法です。


そもそも、

部屋とは自らの心の反映であり

鏡になると言われています。

つまり、自分の心の

いらない部分(ごみやほこり)

を取り除けばその分だけ

クリアなエネルギーが

自分の中に流れることになります。



クリアなエネルギーが流れる?ってことは・・・

エネルギーが循環する?ということは・・・・

お金の流れが良くなる!ってことですね。

基本中の基本になりますが、

掃除は侮れません。

でも、侮っている人が結構います。

日常の生活で、

ついつい掃除は後回しになりますが

本来は1日の最初に

必ず行うと良い!

というぐらいのものです。

さぁ、今すぐにでも始めましょう!



その2:

使う言葉を変える


昔からよく「ツイてる!」

というと運が上がるといいます。

また、

「笑う門には福来たる」

という言葉も昔からあります。

それほどに、

私たちの発している言葉や表情には

パワーがあります。

でも、そのことを知らない人がたくさんいます。

その言葉の力を侮っています。

「言霊」とも言いますね。



もしあなたが開運の神様だとして、

暗い顔をしている人を

応援したいと思いますか?


普通なら、

今その瞬間を頑張っていて

生き生きとしている人を

応援したいと思いませんか?


それと同じで、

運はポジティブな言葉を

使っている人や

しっかりと今日1日を

生きている人のところに

向かうと私は思います。

もちろん人間ですから、

ポジティブな言葉ばかりを

言っていられない時も

あるでしょう。


しかし、逆に言えば・・・・・

そんな時こそ、

運を上げるチャンス!

自分の中にある

ネガティブな思いを

一気に吐き出し、

次からはポジティブな言葉を

使えばいいのです。

良い時も、悪い時もセット。

暗い表情をしてしまいがちな

気分の日でも、

1日の最後にきちんと

リセットできれば問題ありません。

「今日がダメでも、明日がある」

「良い時も悪い時も全部含めて、

私はツイている」

朝起きた時や、夜寝る前に、

つぶやいてみましょう。

鏡を見て、

「ダメな時もあるけど、

けっこー自分もイケてるじゃん!」

と自分を褒めてみましょう。

きっと、

自分の中にある運が

上向いていくのを感じるはずです。


その3:

着る服の種類を変える

これ、私も反省しなければいけないところです。

住む場所などの生活スタイルを

変えるのは大変ですが、

着る服を変えるのは簡単です。

いつも同じ色の服ばかり

着ていませんか?

服の形や色には、その人の

心理状態を上下する効果があります。

スーツやしっかりとした

襟付きの服を着ると、

心がビシッと締まりますよね。

それと同じで、

たまにものすごくビビットな

色の服を着てみると

世界が違って見えますよ。

そこまで出来ない人でも、

ちょっとカラフルな小物を

使うだけでもだいぶ気持ちが違います。

ハンカチやネクタイの色など、

ほんとに一部だけでも構いません。

人によっては、

スマホにつけるアクセサリーを

派手目にするだけでもOK。

要は、あなたの気分が

上がればそれでいいんです!

お決まりの生活スタイルから、

ちょっと脱却するのがコツになります。

繰り返しになりがちな毎日から、

ちょっと刺激のある1日に

シフトできますよ。

その4:

行く場所を変える

運が集まりやすい場所

というのを、知っていますか?

休日などに

「あ、ここいいお店だな」

とか

「なんか気分が良くなる!」

という場所に行ったことが

誰にでもあると思います。

そここそが、パワースポット!

神社やお寺だけでなく、

パワースポットは私たちの

身の回りに沢山あります。

それは、

元気よく挨拶してくれる近所の

おばさんかもしれません。

とにかく、あなたが

「ここはいい気分だ」

とか

「あの人と話していると元気になる」

と感じるのがポイント。

逆に、

「なんか暗い気分になる」

とか

「空気が淀んでいるように感じる」

という場所にはなるべく

近づかないようにしましょう。

人は簡単に、

その場のエネルギーというのを感じ、

影響を受けてしまいます。

カフェやレストラン、

ホテルのラウンジなどで

人気があったりあまり人気がなくても

なんとなく落ち着いたり…

あなただけのパワースポットを、

是非見つけてみてください。

嫌なことがあった時でも

一瞬でリセットできる場所がある人と、

そうでない人とでは

運の掴み方が違います!

その5:
貢献してみる

人に良いことをしてあげた時、

なんだかすごくいい気分に

なりませんか?

寄付も同じです。

ちょっとしたことでも

相手が喜んでくれると、

人は気分が上がるものです。

それこそが、

いわば「徳」と呼ばれるもの。

運はこの

「徳」が影響しています。

人を喜ばせることが上手い人は

「徳」が溜まり、

そうでない人が

運を活用しようとすると

「徳」の負債が溜まってしまいます。



そうなると、運が上向きになるのは

「徳」の返済が

終わってからになるので

「今自分はノっている!」

と感じられる瞬間が

先延ばしになってしまいます。



やや抽象的な表現に

なってしまいましたが、

分かりやすくいえば

「人の役に立つ人は応援される!」

ということです。

この

「人の役に立つ」というのは、

本当に小さいことで大丈夫です。

何か大きなことを

しようとするよりも、

温かな心遣いで周囲の人を

ほっとさせたりする方が

余程「徳」としては高いです。

相手の見えないニーズを

汲み取って貢献するというのは

簡単なようですが結構難しいもの。

ですが、

あなたの心からの気配りがあれば

決して難しいことではありません。

あなたの好きで

得意なことがあれば、

周囲の人はそれで

喜ぶはずだからです。

自分の中にある財産を、

どんどんシェアしていきましょう。

その6:
受け取る

与えたら、今度は受け取る番です。

日本人は特にこれが苦手なのですが、

他人から

「あなたは美しいですね」

とか

「カッコイイですね」

と言われると、ついつい

「いや、そんなことはありません」

と受け取ることができません。

謙遜の精神は美しいと思いますが、

それではせっかくのプレゼントを

はねのけているようなもの。

ここはひとつ、素直に

「ありがとう」

と心からのお礼を

言ってみましょう。

受け取った分だけ、

相手に与えることもできます。

運は良い時も悪い時も

セットであれば、

与えることと受け取ることは

セットです。

受け取ることが苦手な人は、

ぜひ鏡に向かって練習です!

普段、自分が

「こう言われたら嬉しいかも」

と思う事を

自分に向かって言ってみましょう。

途端に恥ずかしくなって

耐えきれない時もあるかと思いますが、

グッとこらえて自分で

自分に与え、

受け取ってみてください。

受け取った価値は、

あなたのエネルギーに溶け

自分の価値として使うことが

できるようになります。

それだけあなたは魅力的になり、

運や人を引き寄せることが

できるようになるのです。

その7:
自分の人生の奇跡を感じる

あなたは今、

運が良いと思いますか?

成功者にこの質問をすると

ほぼ全員が

「私は運が良い」

と応えます。

成功者になる前に

成功者のメンタリティーを持つのが先なんです。


これを読んでいるということは、

恐らくあなたはインターネットを

自由に使える環境なのだと思います。

また、

住んでいるところもあり

食べることにもそこまで

困ることは

ないのではありませんか?

これは、

一昔前であれば国の王様でも

できなかったことです。

戦争や飢饉があれば王様といえど

満足な暮らしはできません。

命を狙われたりもしましたし、

インターネットもありませんから

情報は常に

家来から来る限られたものだけです。

それに比べると、

今の日本に住む私たちはとても

恵まれた環境にいます。

少なくとも、命を狙われるという

ことは余程でない限りないわけです。

そう考えると、

今この現代に生きているというだけで

とてもツイていると思いませんか?

せっかく自分がツイていても、

それを感じることができなければ

意味がありません。

ひとつ深呼吸をして、

世界を見渡してみてください。

あなたの今の暮らしを支えるのに、

どれだけの人の人生ドラマが

あったでしょうか。

あなたのお父さん、

お母さんがいたからこそ、

今のあなたがあります。

そしてそのまたご先祖様、

更にそのまたご先祖様が

いるおかげであなたが

生まれました。

全ての命の源である、

地球や宇宙の存在に

想いを馳せることも

できるでしょう。

この奇跡こそが、

私たちの幸運の証です。

どんな時でも、

これさえ覚えておけば

常に開運状態を保つことが

できるわけです。

* * * * * * * * * * *

マインドを変えれば運勢も変わる。
脳の中身を変えること。


これこそが一番大事なことなんです。

でも、これこそが

皆が知らないことなんです。


今日すぐにでも始めましょう!

あなたの成功は、

その瞬間から始まります!



[ 2017/01/18 08:32 ]

| スピリチュアル3 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>